AAA宇野実彩子“カバー曲”披露に不満! 知名度の低さを棚上げするファン

(C)Asier Romero / Shutterstock 

3月24日放送の音楽特番『Premium Music 2021』(日本テレビ系)に、活動休止中のダンスグループ『AAA』の宇野実彩子が出演。持ち歌を歌わせてもらえないことに、ファンが不満の声をあげている。

宇野はこの日、アイドルグループ『DISH//』の大ヒット曲『猫』をカバー。エイベックス所属の宇野が、スターダストとソニーに所属する『DISH//』の曲をカバーするという、事務所の垣根を超えたコラボを果たした。

しかし、宇野のファンからは

《宇野ちゃんすぐカバーするやん カバーする意味あるのかな》
《宇野ちゃん何故カバー? 自分自身の曲期待してた》
《べつに宇野ちゃんは悪くないんだけど、なんでわざわざ宇野ちゃんに歌わせたの? カバー曲の企画とかじゃなかったよね?》
《カバー曲でしか最近歌番組で出てないから個人的には宇野ちゃんの曲を聴きたい》
《宇野ちゃんは持ち歌でテレビ出れん契約してんの? なんでいつもカバー曲?》

など、カバー曲でしかテレビに出ないことに落胆する声が広がった。

知名度が低くてナンパに失敗した浦田直也

「宇野がカバー曲でしかテレビで出ないことは、本人にヒット曲がないから。『AAA』だったとしても、元リーダーの浦田直也が、知名度が低いためナンパに失敗して腹を立て、一般女性を暴行したという醜態をさらしている程度の知名度です。宇野のソロ曲をプライム帯の音楽番組で放送することは、視聴率を捨てるようなもの。大ヒット曲のカバーでテレビに出演できるだけでも、本来は喜ぶべきことなのかもしれません」(芸能記者)

浦田が暴行事件で逮捕された当時、『ダウンタウン』松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「共演したことを一切覚えてない」「(知名度の低さが)コンプレックスになったのかな」とバッサリ切り捨てていた。

まずはヒット曲を出してから、音楽番組に出演してほしいものだ。

【画像】

Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】