小学生ユーチューバー“卒業式”辞退! イタい信念に「一般社会では難しそう」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

「不登校は不幸じゃない!」「俺が自由な世界をつくる」と宣言し、不登校の子どもや親を励ますメッセージを発信しているユーチューバー・ゆたぼん。そんな少年革命家が3月24日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「校長室でひとり卒業式してきた」というタイトルで動画を公開し、ネット上ではさまざまな声があがっている。

3月24日の卒業式に、髪の毛を薄い紫色に染めていたゆたぼんは、「前日に学校の先生から電話がかかってきて、髪の毛を染めてたら卒業式には出れませんって言われてんな」と明かした。続けて、「『髪の毛を黒く染めたら卒業式に出れますけど、どうしますか?』って聞かれたから『行かないです』って言って行かんかってん!」と返答。しかし、学校から「卒業証書は渡したいので取りに来てほしい」と言われたようで、麦わら帽子にアロハシャツ姿で登校し、卒業証書を受け取る様子をアップした。

最後にゆたぼんは、「子どもは学校に行く権利はあるけど義務はない」「親も子どもを無理やり学校に行かせるんじゃなくて、行きたくない子は家で遊ばせてあげて、俺みたいにホームスクーリングにしたらいいねん!」と豪語。そして、「俺はこれからも自分らしく冒険しながら自由に生きていくぜ!」と宣言した。