LiSA“ゴリ押し”に辟易…『アニソンバトル』に「ヤラセ?」「媚びすぎ」

LiSA 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

3月25日に『アニソンバトルBEST20』(テレビ朝日系)が放送され、アニメファンの間で物議を醸している。

同番組は、アニソンの最新ヒットと25年前(1995~2000年)のランキングを交互に発表する番組。当時の貴重映像や人気アニソン歌手による名曲カバー、さらに本人が登場して名曲を熱唱するなど、内容盛りだくさんで3時間放送された。

25年前のランキングには、『スラムダンク』、『ドラゴンボールGT』、『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌がランクイン。最新版は『鬼滅の刃』、『呪術廻戦』、『ラブライブ』などの主題歌がランクインを果たした。気になる最新版の第1位は『炎』、第2位は『紅蓮華』が輝き、LiSAの『鬼滅の刃』主題歌がワンツーフィニッシュを飾った。ちなみにLiSAは4位に『dawn』もランクインしている。

ゴリ押しを疑われるLiSAがかわいそう…

この結果に、ネット上からは

《LiSAゴリ押しで笑った》
《鬼滅ワンツーか。まあそうなるとは思うけど、ランキングの醍醐味ないな~》
《ヤラセか? LiSAゴリ押しか。バックアロウの曲は売れとらんやろ》
《1位「炎」、2位「紅蓮花」はわかるけど、全然売れてない曲が4位って、テレ朝はLiSAに媚びすぎ》
《LiSAのdawnも、本来ならあんな上位に来ないのに今アニメやってるから4位でアピールっていう風に見える》
《4位のdawnは違和感。LiSA史上ワーストクラスの売上だし》

などと呆れる声が殺到している。

ほかにも、今回のランキングには、各方面から批判的な声が続出している。しかし、そもそもランキングというのは一つの物差しになるだけで、全員が納得するランキングを作るのは不可能。今後も、この手のランキングは物議を醸すことだろう。

【あわせて読みたい】