坂上忍の好感度は高かった!? YouTubeデビューで本当の人気が明らかに

坂上忍

(C)まいじつ

パワハラや毒舌がキャラとして定着し、売れっ子な一方で大量のアンチを抱えている坂上忍。「嫌いな司会者」ランキングでもトップの常連になっている彼が、意外にも愛されていたことが明らかになってきた。

坂上の芸風に批判的な声が多いのは、もはや言うに及ばず。MCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)での発言は日常的に炎上し、検索エンジンの関連語句には「バイキング 終わってほしい」「バイキング 不愉快」「坂上忍 嫌い 何様」など、辛辣な単語がズラリと並んでいる。

「坂上は老若男女幅広い層から嫌われていますが、特に女性と若者の嫌悪感はすさまじい。高圧的な彼は若年層が最も嫌うハラスメントの象徴的存在な上、かつては『ブス嫌い』を公言する女性の敵だったので、より強い不快感を招くのでしょう。ネット上で行われている『バイキング』の実況も、罵詈雑言に近い批判が毎日のように書かれています」(芸能記者)

そんな坂上に関する衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、3月23日のこと。なんと、坂上はこれだけネット上でヘイトを集めているにもかかわらず、YouTubeに参入したのだ。

坂上忍はネット民たちから愛されていた?

これまでSNSをやっていなかったが、突如としてネットの世界に足を踏み入れた坂上。これまでの評判を考えると、アンチの標的かつ燃料として、叩くネタ探しの〝油田〟になることは確実と思われた。

しかし意外にも、最初の動画は1日で再生数4万弱、高評価4000弱に対して低評価130あまり。コメント欄にも

《これはとっても嬉しいニュースです! すっごく楽しみです》
《ブログとテレビでは見れない所を楽しみにしていますね》
《たまにちょっとニコッとする坂上さんの愛しさもっと世界に伝わって》
《待ち望んでおりました! 楽しみが増えて嬉しい》
《コロナ禍に楽しみが増えました》
《坂上さん! 待ってました》

といった好評の嵐が吹き荒れるなど、初回から大歓迎を受けたのだ。

「これはかなり意外な現象でしたね。彼の嫌われっぷりは本当に凄まじいですから、ネットという土俵に上がれば、ターゲットになって炎上するのは必至。YouTubeなんてやろうものなら、低評価爆撃とコメント欄閉鎖は間違いないと思われていました。それが蓋を開ければ、好評コメントばかりで低評価もわずかなのですから、前評判を踏まえれば、善戦どころか大金星と言っていいでしょう」(芸能記者)

ただ、これはまだ初回の投稿であり、次回以降はアンチの標的になる可能性も考えられる。あえてアウェーに飛び込んだ坂上の運命はどうなるか、要注目だ。

【あわせて読みたい】