戸田恵梨香、上白石萌音…冬ドラマ“嫌われ”ヒロイン決定「すっげえ感じ悪い」

戸田恵梨香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2021年の冬ドラマが軒並み終わりを迎えた。さまざまな賛否が寄せられていたが、この記事では〝ヒロイン〟に注目。支持されたヒロインと、嫌われてしまったヒロインを紹介して行こう。

多くの支持を獲得したのは、長瀬智也主演の『俺の家の話』(TBS系)に出演した戸田恵梨香。当初、遺産を狙う怪しい介護ヘルパー・志田さくらという立ち位置だったが、さくらが主人公の寿一(長瀬)に恋をすると評価は様変わりすることに。

さくらは人が変わったかのように、乙女モード全開で寿一に猛アピール。まるで恋する学生のようにキャピキャピ恋するさくらに、視聴者からは

《この役の戸田恵梨香まーーーーーーじでドタイプです》
《戸田恵梨香が史上最高レベルにかわいい》
《俺の家の話面白すぎるー 戸田恵梨香先週から異常にかわいい笑》
《さくらは戸田恵梨香史上最高にかわいいと思うのです》

など絶賛の声が殺到。男性人気という点では、間違いなく今期ナンバーワンだったヒロインと言えるだろう。

女性視聴者を敵に回した広瀬アリス

物語途中で〝悪い方向〟に評価が変わったのが、『知ってるワイフ』(フジテレビ系)の広瀬アリス。家事や育児に非協力的な夫・元春(大倉忠義)にイライラして激怒する澪(広瀬)には、主婦層を中心に、序盤は女性からの支持が多く寄せられていた。

しかしその後の澪は、既婚者にグイグイ迫るという大やらかしをしてしまう。すると視聴者は

《アリス、それはやっちゃ駄目ーー》
《澪のこと応援してはいるけど既婚者に告白はやばい》
《は? これで澪のこと庇えるの? 不倫女まっしぐらじゃん笑》

と手の平返し。序盤では最も女性支持の高かったヒロインが、最終的には女性から嫌われるヒロインとなってしまった。

一貫してあまり支持が高くなかったのが、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)での上白石萌音。ファッションに無頓着な主人公・鈴木奈未(上白石)が、ファッション雑誌の編集部で奮闘していく物語だが、新人の奈未が上司に口ごたえしまくる描写が非難の的に。

また、それほど性格が魅力的に描かれていないにも関わらず、イケメン2人から言い寄られる様も物議を醸した。奈未はあまりにも嫌われ、演じた上白石に対して視聴者から

《このドラマ、萌音を叩かそうとしてる?》
《もねねんってスタッフに嫌われてるわけじゃないんだよね? 何でこんな役やらされてるの? かわいそうじゃない? すっげえ感じ悪いじゃんこの役》

など、心配の声もあがるほどであった。

魅力的なヒロインを描けるかどうかも、ドラマがヒットする要因となりそうだ。

【あわせて読みたい】