西野七瀬『ホットママ』の“設定”にドン引き「犯罪でしょ…」「いつの時代?」

西野七瀬 

(C)まいじつ 

元『乃木坂46』の西野七瀬と、俳優の千葉雄大が出演するAmazonオリジナルドラマ『ホットママ』の配信が3月19日にスタート。あまりに〝現実離れ〟した内容に、ドン引きする視聴者が続出している。

同ドラマは、2013年に中国で放送された『辣媽正傳(英語タイトル:HOT MOM!)』のリメイク版。アパレル会社でバリバリ働く松浦夏希(西野)が、酔った勢いでかつての同級生・三村元哉(千葉)と関係を持ち、まさかの妊娠&出産。赤ん坊に振り回されながらも、育児と仕事に奮闘する姿が描かれる。

この放送に、ネット上では

《現在、子育て奮闘中ですが、妻が妊娠した時のことを思い出しながらドラマを拝見しました。千葉くんが献身的に奥さんに尽くす姿に、感動しました》
《西野さんの演技が自然で役柄にマッチして、すんなりストーリーに入り込めました。毎回変わるファッションにも注目しています》
《悩んだり迷ったり八つ当たりしたり、トントン拍子にいかないところがまたいい。千葉くんが理想の旦那すぎて萌え萌えでした》

などと、大きな反響を呼んでいる。

『ホットママ』は現実と乖離しすぎ?

しかし一方で、ドラマの内容に対しては、

《女を酔わせて妊娠させるって、どう考えても犯罪でしょ? 倫理観の欠けたストーリーを、人気俳優を使って誤魔化してるだけのドラマ》
《好きでもない気の弱い男を狙ってワンナイト設定とか、キツくてみてられないわ…地上波だったらリアルに文句言ってる》
《西野七瀬はかわいくて本当にいいんだけど、内容はヒドいね。そもそも女上司がパワハラしまくってて、いつの時代の会社なのかと思った》
《出産シーン一瞬すぎてそんなアホなって感じ。ママとしての生活はそんなキラキラもんじゃないよ》

などと、倫理観のカケラもない展開に、冷ややかな声もあがっている。

同ドラマは、原作が中国ドラマなこともあるのだろうが、主人公の夏希が上司に妊娠を伝えると、冷たい態度を取られるなど、パワハラとも思えるシーンも散見される。また、コロナ禍で構造不況を抱えるアパレル業界で、20代のOLがファッションにお金をかけまくり、東京・目黒のおしゃれなマンションに住んでいるのも、2021年の価値観ではあまりに現実味がないといえるだろう。

今のところドラマの人気を支えているのは、西野と千葉のファン層が中心だが、今後の展開次第では、視聴者離れが加速するかもしれない…。

【あわせて読みたい】