若手女優らが躊躇なく「風俗嬢」演じる理由

(C)Shutterstock

ファッションモデルとグラビアアイドルを両立する『モグラ女子』として人気上昇中の馬場ふみかが、7月21日から始まる深夜ドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)で風俗嬢役に挑戦することになり、話題となっている。

馬場のインスタグラムには、濃い目のメークに肩を露出した風俗嬢姿の写真がアップされている。

馬場は現在、フジテレビの“月9”ドラマ『コード・ブルー』にも新人ナース役で出演しており、違った一面をファンにアピールしている。

このように最近、女性タレントが“風俗嬢”の役を演じるケースが増えている。イメージが優先されるアイドルなどが、役柄とはいえ風俗嬢にチャレンジするメリットはどこにあるのだろうか。

「1980年代のアイドルといえば、松田聖子に代表される“ぶりっこ”が代名詞でした。しかし、いまの女性タレントは、ファンとの距離が身近になり、より等身大の姿が求められています。清楚な役柄を演じつつも、一方では体当たりの汚れ役を演じることによって、ファンからの親近感や好感度が上がるのです。若手の女優がいきなりヌードになって、それをきっかけに一気に人気になることも珍しくありません」(芸能事務所関係者)

 

若手のころにヌードになって過去を全て封印した女優も

2006年に映画『嫌われ松子の一生』で風俗嬢を演じた中谷美紀は、のちに監督の演出が「トラウマになって、仕事をやめたいと思った」と語ったが、清純路線から脱却し、見事に女優としてステップアップを果たした。一方で、2011年に映画『指輪をはめたい』に風俗嬢役で出演した真木よう子は、主演の山田孝之に覆いかぶさるシーンに体当たりで挑んだ。「これを逃したらこういう役は二度ともらえない。絶対やりたい!」という発言は、まさに気合いの表れと言えよう。

「1993年のドラマ『悪魔のKISS』で風俗嬢を演じ、ヌードを披露して自身の出世作にした常盤貴子は、その後、所属芸能事務所がドラマの版権をすべて買い取って過去を封印しました。現在では再放送はおろかDVD化もされていません。しかし、いまではそんな女優はほとんどいないでしょう。むしろ風俗嬢を演じることによって“新たな一面”を見せたいと考える人は多いです。必要であれば積極的にヌードになりたいという女優は今後、増えていくでしょう」(同・関係者)

最近では、成人女性の20人にひとりは風俗経験者だというデータもある。男性のみならず、女性からいかに支持を得るかが重要とされる昨今の芸能界で、女性タレントが風俗嬢を演じることにデメリットは一切ないと言っていいだろう。

 

【画像】

(C)Africa Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 夏菜また暴走!? 過去の恋愛を「自ら暴露」心配の声

※ 「バストの匂い」はバニラの香り!? 明石家さんまが大歓喜

※ 中居正広と木村拓哉が「和解の会」で稲垣吾郎ら3人壊滅を計画か

※ 不評芸人ヒロミが復帰3年でまた慢心!「もう消えろ」冷遇望む声

※ ASKAが離婚した本当の理由