加藤綾子にフジテレビが「取材規制」を通達していた!

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの加藤綾子がフジテレビから“取材制限”を通達されていることが、本サイトの取材で明らかなった。

加藤は現在、日曜日放送のスポーツ番組『スポーツ LIFE HERO’S』にMCで出演。その取材姿勢は以前から批判の的になっていた。

「若手で独身の人気野球選手しか取材しないためです。特に横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智には、不自然なほど接近しながら話を聞くし、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平には恋愛に関する話まで聞こうとして拒否されていました。大谷には私的な部分に食い込み過ぎたので、日本ハムの球団広報が途中で取材を中断させています。それ以降、加藤は大谷への取材を禁止され、現在も続いています」(スポーツ紙記者)

最近の加藤は、スタジオのみの司会出演が多く、ほとんどと言っていいほど野球選手の取材は行っていない。

「HERO’Sは加藤の“婚活番組”とも呼ばれ、同じプロでも年俸の安いサッカー選手の取材はしないのです。下心が透けて見えていて、そういう態度が影響しているためか、視聴率も2%前後という散々な結果が出ています。前フジテレビ社長の亀山千広氏が加藤のために作った番組だといわれますが、新たに社長に就任した宮内正喜氏は、加藤を番組から降板させたくてしょうがないのです」(フジテレビ関係者)

 

加藤が来るなら取材NG

宮内体制になり、徐々に加藤への締め付けが始まっているという。

「局は、加藤が独身のプロ野球選手の単独取材を行うことを原則で禁止にしています。加藤が取材を行う場合は、もうひとりの記者が監視役として同行することが義務付けられたのです。これに加藤は相当の不満があるようです」(同・関係者)

加藤に対するプロの球団側の評価も芳しくない。

「若手の有望選手のいる球団は、フジテレビの取材なら了承するのですが、加藤が来るならば取材禁止だというところも多いのです。伸び盛りの選手を加藤に誘惑されたらたまらないという思いがあるようです。これまでの加藤の意図的な取材姿勢は、そう感じ取られても仕方がないでしょう」(前出・記者)

ただ宮内氏にしても、加藤をすぐに番組から降板させるという訳にはいかないようだ。

「退社した加藤とフジテレビを今後もつなぐために、去年4月から始まったHERO’Sですが、わずか1年半程度で終わらせるのは、フジテレビも体面上の格好が悪いのです。何より、新社長になってフリーで真っ先にあいさつに現れたのは加藤だといいます。彼女もそのあたりは手練れです」(テレビ雑誌編集者)

加藤のフジテレビへの出演はまだまだ続きそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 夏菜また暴走!? 過去の恋愛を「自ら暴露」心配の声

※ 「バストの匂い」はバニラの香り!? 明石家さんまが大歓喜

※ 中居正広と木村拓哉が「和解の会」で稲垣吾郎ら3人壊滅を計画か

※ 不評芸人ヒロミが復帰3年でまた慢心!「もう消えろ」冷遇望む声

※ ASKAが離婚した本当の理由