水卜麻美アナの“地声”に驚き! プライベート映像に「声めっちゃ低い!」

水卜麻美 

(C)まいじつ 

3月29日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)2時間SPに、同局の水卜麻美アナウンサーが出演。愛嬌のあるイメージとは裏腹な低音ボイスが、視聴者を驚かせてしまった。

番組は同日の放送から『ZIP!』(同系)総合司会を務めることになった水卜アナに密着。初回の放送を迎えるまでの1カ月間、水卜アナの裏表を全て丸裸にする。VTRは長時間に及ぶため、まずは見どころを手短にまとめた映像が流されることに。『スッキリ』卒業で涙ながらに抱負を語ると、続いては控室でカメラに本音を明かす映像が流れる。

しかし、ここでの水卜アナは、泣きながら語っていた先ほどまでとは打って変わったトーン。低い声で世間の目に対する弱音を語っている。内容自体は真面目で〝いい話〟なのだが、その声は居酒屋の中年男性と聞き間違うほど。その後、密着初日にオフィスへ入る出勤風景も捉えられたのだが、ここでも水卜アナは重低音で「おはようございます」とカメラに挨拶していた。

「ミトちゃんの普段の声めっちゃ低い」

出勤時の服装も、カーキのMA-1にデニムと、声なさがらに男勝り。スニーカーでかかとを鳴らしながら歩くさまも、普段のとっつきやすいイメージとは異なるものだ。その後、番組出演後には聞き慣れたトーンになるも、控室ではカメラに低音で語り続けていた水卜アナ。声が商売道具ゆえか、オンとオフできっちりと使い分けていることが明らかになった。

この普段とのギャップに、視聴者からは

《水卜ちゃん、普段声低いのね》
《ミトちゃんの普段の声めっちゃ低いのめちゃくちゃ好き》
《素でしゃべってる時の声も好きだな~》
《素の水卜ちゃんの声低くて良いw》
《水卜ちゃんのオフの地声めちゃくちゃ好きや》
《水卜アナ、地声めっちゃ低くね?笑笑》

など驚きが続出。ギャップは激しかったが、意外にも好印象に繋がったようだ。

プライベートで遭遇した際は、「ダルそうだった」と悪印象を与えてしまいそうだが…。

【あわせて読みたい】