豊原功補が離婚! チラつく小泉今日子の影に「美談にするのは無理がある」

小泉今日子 

(C)まいじつ 

2015年3月に、小泉今日子との不倫関係が発覚した俳優の豊原功補。彼が昨年、一般人の妻と離婚していたと4月1日発売の『女性セブン』が報じ、話題になっている。

記事によると豊原は、1997年に知人の紹介で知り合った11歳年下の妻と、昨年3月ごろに離婚が成立。離婚にあたって豊原は、妻子と一緒に住んでいた2億円相当のマンションを渡したという。

「豊原は記者の直撃取材に対して、離婚が成立したことを認めています。〝円満離婚〟を強調していましたが、小泉との交際が原因だという可能性は十分にあるでしょう。現在、小泉との交際は順調のようですが、結婚に関しては『そんなことは具体的に何も考えていません』と否定しています。しかし、いずれタイミングを見計らって入籍するんじゃないでしょうか」(週刊誌記者)

一方の小泉は、2018年2月に自身が代表を務める制作会社『明後日』のウェブサイトで《俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り、恋愛関係でもあります。このようなことになりご家族にはお詫びの言葉もございません》と謝罪しつつも、堂々と〝交際宣言〟をしていた。

“不倫”の不平等な扱いに疑問の声

この報道に、ネット上では

《キョンキョンもきちんと謝罪してるし、いよいよ結婚するのかな。お似合いのカップルだと思う》
《豊原さんもきちんとケジメをつけたし、いいんじゃないかな。小泉今日子も変に隠さず堂々としていたのが好印象》
《不倫はよろしくないけれど双方合意の元であればいいんじゃないかな? もう、そっとしておいてあげましょう》

などと、好意的に見る向きも多い。しかし一方で、今回の報道に〝前向きなスタンス〟を見せる豊原と小泉に対し、

《協議離婚のことを円満離婚と言い換えているのか? いくらなんでも都合よすぎ》
《普通の略奪不倫が賛美されるのはかおかしいと思います。美談にすり替えるのは無理がありますよ》
《本当に強い女性なら、感情に左右された期間があったとしても、身を引くと思うけどね。小泉はただ神経が図太い人間だなという感じ》
《小泉は、相手の子どもが高校生の時に自分のエゴで不倫公表したの? 最悪だね。子どもが学校でどんな思いをするか全く考えてない》
《なんで人によって不倫の取り扱いが違うの? 男女の差はあっても人を傷つけてる事には変わらないでしょ》

などといった批判の声も多くあがっている。

5年にわたる戦いの末に離婚を引き出した小泉と、財産分与しあくまでも〝円満〟に離婚した豊原。2人にしてみれば、うれしい勝利なのだろうが、その代償は今後、重くのしかかってくるかもしれない。

【あわせて読みたい】