猛批判!福原愛の“被害者ヅラ”に「配偶者を裏切ったことに変わりはない」

(C)まいじつ

元卓球日本代表・福原愛と〝不倫デート〟をしていたAさんが「結婚していた」と、4月1日発売の『週刊文春』が報じ、物議を醸している。

福原は今年2月、横浜中華街でAさんとデートしていたところを『女性セブン』にスクープされた。しかし、取材に対して「ホテルと自宅で部屋は別々だった」「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれている仲のよい友達の1人です」などと、あくまでも友人関係であることを強調。また、Aさんも福原に対して「彼女はいない」と語っていたという。

「『文春』の記事によると福原は、夫で台湾の卓球選手・江宏傑の〝モラハラ〟に苦しみ、離婚を決意。福原は、不正出血を起こすなど精神的にも追い詰められ、日本に戻ってきたといいます。その際、1月19日に設立した会社について相談するため、早稲田大学時代に知り合ったAさんに連絡し、ホテルに宿泊。しかし、福原はAさんが結婚していたことは知らなかったといい、Aさんは福原に対して『結婚はしてるけど、もう別れるから。妻とは別居しているけど、たまに家に来るんだ』と、初めて打ち明けたそうです」(週刊誌記者)

何かにつけて“言い訳”を繰り返す福原愛

結局のところ、福原の不倫疑惑が〝W不倫疑惑〟に変わっただけの話だが、『文春』の報道はあくまでも福原が何も知らず、被害者だったかのような口ぶりにも感じる。そんな福原の言い分に、ネット上では

《愛ちゃんも相手が結婚してたのは知ってたと思うぞ。共通のサークル友達だっているんだし》
《お互いがW不倫デートを楽しんでいただけでしょ。今さら騙されたとか被害者ヅラが通用すると思ってるのかな》
《奥さんいる事知らずに家に泊めたとしても最悪。自分の配偶者への裏切ったことには変わりないんだから》
《相談に乗ってもらってただけのお次は、独身とは知らなかっただと…? 同情を引きたいんだろうけど、逆効果になってるぞ》
《いい歳の大人が自分でやったことに責任持ちなよと言いたいです。同情どころか、ますます嫌気がさす》

などと、さらなるバッシングの嵐が巻き起こっている。

Aさんは福原とのデートの際、カーシェアサービスを利用しているが、返却時に貸主からホイールに傷があることを指摘されると、これを無視し、あろうことか携帯電話の着信をブロックして逃亡している。この一件からもAさんは誠意ある人柄ではないと伺えるが、福原はこの男性のどこに魅力を感じたのだろうか。

いずれにせよ、福原が〝自己弁護〟のスタンスをやめない限りは、世間からの不信感は募るばかりだろう…。

【あわせて読みたい】