『テラハ』木村花さん“侮辱罪”の判決内容に怒りの声「日本の司法は腐ってる」

(C)Luis Louro / Shutterstock 

恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していた、プロレスラーの木村花さんが急逝した問題で、東京区検察庁は3月30日、ツイッターに誹謗中傷する内容の投稿をしたとして、侮辱罪で大阪府の20代男性を略式起訴した。東京簡易裁判所は同日、科料9千円の略式命令を出しているが、ネット上には怒りの声が続出している。

男性は木村さんの死後もツイッター上に、《あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう。テラハ楽しみにしてたのにお前の自殺のせいで中止。最後まで迷惑掛けて何様? 地獄に落ちなよ》などと誹謗中傷を続けていたという(現在アカウントは削除済み)。

木村さんの母・響子さんは、木村さんの死後も誹謗中傷を続ける長野県在住の男性に対し、限度を超えた侮辱行為で遺族の心情を傷付けたとして、約294万円の損害賠償を求める民事裁判を起こした。しかし、男性側は22日に開かれた第1回の裁判に誰も出廷せず、答弁書も提出されなかった。

「男性は昨年5月25日にツイッターで、《絶対に削除しませんよ。間違ったことを言ったおぼえはありませんから。それにあなたのしていることも誹謗中傷、脅迫にあたるのでは? まず自身の書き込み・行動を客観的にあらためる必要があると思いますよ》と悪びれた様子を一切見せず、自身を正当化。さらに26日には、《不本意ですが弁明します。件のツイートに、木村花本人を侮辱する意図はありません。ただ、彼女の身勝手な自殺は、多くの番組関係者・視聴者に迷惑をかけたので、それに対しての責任をとってほしいと思っただけです。しかし彼女はもう死んだので「地獄に落ちてほしい」という表現をつかいました》などと、身勝手な論調を展開し、完全に開き直っていました」(ネットニュースサイト編集者)

日本の司法制度に疑問の声

どうやら男性は、ツイッター界隈で有名な〝炎上自演厨〟で、任天堂のファンを装い、同社の評判を下げるようなツイートを連発していたこともあったようだ。この男性に、ネット上では

《こんなヤツ逮捕でいいのに。それに、成人なんだから氏名を公表するべき》
《どんなに逃げても、こいつが書き込んだ事実はネット上に残っている。人の命がこんなに軽んじられて良いわけがない》
《削除してもログ残っているし、みんなスクショしてるから一生言われると思います。罰としては軽微であったとしても『前科』は一生消えませんよ》
《断固無視とは、腐った方向にいい根性してるな。ろくでなしとはまさにこのこと》

などと非難する声が。また、判決内容に

《捕まったとしても、実名報道もなく9千円のリスクでお手軽に侮辱できるような環境じゃ絶対無くならない。法がヌルすぎる》
《日本ってつくづくこういう件に対する法が甘いよな。「こんなもんで許される」って人が今後出てきてしまいそうで怖い》
《たったの9千円なんて安すぎる。バイクやクルマの違反金じゃないんだからさ…》
《相変わらず日本の司法は腐っていて、加害者に甘すぎる判決。いつまで昭和の罰則規定を使うんだろう》

などと、疑問の声もあがっている。

3月30日は木村さんがプロレスデビューした日だった。男性がいつになっても反省の態度を見せず、逃亡を続けているうちは、木村さんも浮かばれないことだろう。

【画像】

Luis Louro / Shutterstock

【あわせて読みたい】