『アメトーーク』宮迫博之の“ツイッター謝罪”が物議「謝るとこが違う」

宮迫博之 

(C)まいじつ 

4月1日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、芸能界を引退する『ザブングル』松尾陽介が出演した。同番組から離れた『雨上がり決死隊』宮迫博之はツイッターで松尾にエールを送ったが、ネットユーザーからは疑問の声があがっている。

番組では「運動神経悪い芸人」の企画で名場面を次々と生み出し、「ガチ王」との呼び名が付いた松尾の活躍を振り返った。番組最後にはスタジオが暗転する中、松尾が別れのあいさつ。今後ピン芸人として活動する相方の加藤歩にも言及。「芸人に愛がある番組。彼のいいところをこの番組なりの視点で見つけていただいて…今後、この番組に(加藤を)託したいと思う」と番組に感謝した。

宮迫は放送日の午後5時前、ツイッターに《思う事があり過ぎて上手く言葉には出来ないですけど、とにかくマッツンの最後の勇姿を見てあげて下さい、その場に入れない事ゴメンな、そして本当にお疲れ様》と投稿。引退する後輩にエールを送った。

後輩を惜別も…「直接電話で言えば済む」「嘘のせいで引退」

宮迫、松尾といえばいわゆる「闇営業」問題でともに謹慎に追い込まれた人物。宮迫の投稿に対して、自身のウソで後輩を謹慎に追い込ませたことを責める声があがっている。

《謝るとこそこかーいってなった》
《その場に入れない事ゴメンな は余計ですね》
《直接電話で言えば済む事 わざわざツイッターにあげるのは世間の人に反応して欲しいだけでは?》
《貴方のせいで謹慎になって仕事も減っていったわけで、貴方がかける言葉はそれじゃない》
《あんたがあんなクソみたいな嘘をつかなければ引退してなかったかもな》
《宮迫さんのくだらん嘘のせいで引退までいったと思うのは私だけ?》

かまってアピールにも見える宮迫の言動に、モヤモヤする人が多いようだ。

【あわせて読みたい】