『Mステ』DVDが炎上! 画質がヒドすぎると話題「ガラケーのようだ」

タモリ 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

完全受注生産で製作された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)とジャニーズJr.のコラボDVDが、3月31日より予約者の元へ発送された。SNSにはさっそく感想があがっているのだが、内容以前に〝画質〟が物議を醸している。

同DVDは、昨年10月16日に放送された「Mステ」SPで繰り広げられた、ジャニーズJr.総勢10組による大迫力のパフォーマンスを収録したもの。先輩のカバーやオリジナル曲、グループの垣根を越えたシャッフルコラボなど、放送内でのパフォーマンスやDVD限定のステージも収録されている。

さらに、撮影風景やインタビュー、収録までのドキュメントなど、見どころ盛り沢山。ファンにとっては購入必須のアイテムであり、現に、予約も好調な数字を記録していた。

「非公式レベル」「ガラケーみたい」と画質が物議

しかし、いざ蓋を開けてみると、内容そのものには称賛が集まった一方で、その画質が物議を醸してしまう。SNSでファンの感想を拾うと、

《MステのDVD、親に非公式?って聞かれるくらい画質悪すぎて》
《ガラケーのムービーみたいにザラザラ》
《Blu-rayじゃなくDVDだから、というレベル超えての画質の悪さやばくない?笑 「Blu-rayじゃない」で済まない画質だと思うよ?笑》
《画質どうしました? 何でこんなに悪いの?》
《MステDVD画質悪すぎない? あんな高い金額でこの画質は酷い》
《MステのDVD画質悪すぎんか笑 引きのときもう顔分からんレベルだよこれ》
《10年くらい前のDVDと変わらない画質なんだけど本当に今日発売か?》

など、画質の粗さを気にする声が散見されている。

「Blu-rayの解像度がフルHDで1920×1080なのに対し、DVDはわずか720×480。1440×1080あるテレビのデジタル放送より画質が汚いのです。そのため、無料で見られるTVで流れたものより、お金を出して買ったDVDの方が低画質となってしまうのです。にもかかわらず、レコード会社や映像メーカーは、ライブ・映画・TV番組問わず、あらゆる作品を未だに平然とDVDでリリースしていますね」(芸能ライター)

国内でDVDが商用化されたのは1996年のこと。そろそろ生産終了されてもいいように思えるが…。

【あわせて読みたい】