松本人志の目の前で…ナイナイ矢部“ダウンタウンとの遺恨”に言及「貴重だわ」

矢部浩之

(C)まいじつ

4月2日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ『ナインティナイン』の矢部浩之が、『ダウンタウン』松本人志の著書『遺書』について言及する一幕が。踏み込んだ矢部のトークに、ネット上で称賛の声があがっている。

同番組は、「酒のツマミになれば何をしゃべってもOK」というルールのもと、MCの松本とゲストが普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う…という趣旨のトークバラエティー。この日の番組では、松本と矢部が7年ぶりの共演を果たし、酒の力を借りて互いの心境を語っていった。

オープニングが終わると、ゲストの夏菜が「共演NGなのかと」と尋ねる。松本と矢部は口を揃えて否定し、続けて矢部は「NGではないけど、周りが結構気を遣われるというか…」と返答。松本も「なんかすごい照れくさいねん。昔付き合っててキスぐらいはした感じ」と矢部との関係性を明かす。

矢部は松本の意見に同意しつつも「昔は松本さんの本で…」と切り出し、「ダウンタウンのチンカスみたいなナインティナインって…」と続ける。矢部の唐突な暴露にスタジオのメンバーは驚愕の声をあげるのだった。

ナイナイ矢部の「遺書」への言及が大好評!

かつて松本が「ナインティナイン」を叩いたことを果敢にイジってみせた矢部。これに対してネット上では、

《オープニングトークでいきなり『遺書』に触れたのは痺れた》
《いやー楽しかった! 他では聞けない矢部さんの松っちゃん話が色々聞けて嬉しかった。遺書の話、顔写真へし折られ話…》
《矢部氏の口から「遺書」の単語を聞いただけで、ゾクゾクっとした。ナイナイで出て欲しいなぁ》
《矢部遺書の件よくつっこんだな、これで長年の壁が崩れた感じ》
《松本と矢部の共演は貴重だわ! まさか遺書の話するとは思わなかった!》
《矢部から遺書の件について切り込んでたのも良かった(しかも開始早々)。酒飲んでるから出来るってのもあるんだろうなぁー。そういう意味でもいい企画や》

などと絶賛の声が続出している。

今回のやり取りを見る限り、もう2人の間にわだかまりはなさそうだが…。なにはともあれ、松本に先制トークを仕掛け、見事に場を盛り上げた矢部にあっぱれと言いたい。

【あわせて読みたい】