『ゆるキャン△』大原優乃の“食事シーンカット”に同情の声「アレルギーか…」

大原優乃 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月1日深夜より、女優・福原遥が主演の実写ドラマ『ゆるキャン△2』(テレビ東京系)の放送がスタートした。第1話の食事シーンに対して、視聴者からは同情の声があがっている。

女子高生たちのゆるいキャンプライフを描き、売上600万部を突破した大人気の同名コミックをドラマ化した『ゆるキャン△』。昨年の1月期に好評を博し、シーズン2もキャスト続投で放送されている。

第1話では、ソロキャンプが趣味の女子高生・志摩リン(福原)が年越しキャンプで静岡を訪れる。一人で本を読んだり、年越しそばを食べたり、温泉に浸かったりと、ゆったり大晦日そして元日を過ごしたリンだったが、道路の凍結で3日まで家に帰れないことに…。そんな中、同級生の各務原なでしこ(大原優乃)から「浜松のおばあちゃん家に行くから一緒に行かない?」と誘われ、うなぎを食べることになった。

うなぎを食べられない大原優乃

うなぎを炭火でじっくりと焼くシーンや、リンが舌鼓を打つシーンが放送されると、ネット上では

《うまそおおおおおおおおお》
《はい飯テロ》
《お腹空いてきた》
《うわ、実写だと飯テロの爆破力のケタが違うわw》
《深夜帯にうな丼はあかん》

など、深夜に放送されるうなぎの破壊力に悲鳴がこだました。

しかし、リンの食事シーンが流れたにも関わらず、一緒に食べているはずのなでしこの食事シーンは流れず…。実はなでしこを演じる大原は重度の魚アレルギーを公表している。そのため、うなぎを食べられないのでは?と視聴者から指摘され、

《なでしこが食ってるシーン映さないのは魚アレルギーだから?》
《食うシーンカットか…》
《アレルギーでうなぎ食べられないなんてそんな悲しい話…》
《なるほど、アレルギー故に口に入れるシーンがないのか》
《食べれないもんなあ…》

といった同情の声が寄せられた。

大原にはうなぎの代わりに、美味しいお肉をいっぱい食べさせてあげてほしい。

【あわせて読みたい】