『モーニングショー』“マナー違反者”見逃し! 中途半端な報道姿勢に怒りの声

羽鳥慎一 

(C)まいじつ 

4月5日に放送された朝の情報番組『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)で、近頃〝たき逃げ〟が横行していると紹介。現場の〝マナー違反者〟を見逃した報道陣に、非難の声があがっている。

この日の番組では、キャンプ人気が過熱するなか、焚き火跡をそのまま放置する〝たき逃げ〟問題を取り上げた。実際に取材陣が現場に赴くと、焚き火が終わった後、灰や燃えカスが残されたかまどを撤去せず帰っていくキャンパーを発見する。

また、地面に直接まきを置いてガスバーナーで着火する人や、 炎の中に入れた紙を芝生の上に戻すなどといった危険行為を行うマナー違反者の姿も見られた。

この報道に、視聴者からは

《こういう人は一定数どこにでもいる。監視カメラで管理すべきではないか?》
《直火や夜遅くに打ち上げ花火、こういう非常識な連中をよく見ます。自分たちだけ楽しきゃいいと思って、迷惑を顧みない人間が増えたな》
《相変わらず、にわかキャンパーが直火や焚き逃げとか迷惑行為しまくってるんだな。困ったもんだ…》
《ついこの間、栃木で山火事あったの忘れたのかな。これだからアウトドアの楽しみ方を知らない人たちは怖い》

などと驚きの声があがっている。

報道するだけの『モーニングショー』に呆れ

「直火をしていたキャンパーの中には、素直に過ちを認めて謝罪する人もいましたが、多くは知らぬ存ぜぬ状態でした。番組では、問題ない人の車のナンバーはそのまま放送していたにもかかわらず、マナー違反者の車のナンバーをぼかしていたことに、疑問の声も多く寄せられています。また、問題定義止まりである番組のコンテンツ自体にも、視聴者は呆れているようです」(エンタメ誌記者)

実際にネット上では

《いつもこの番組は「迷惑だ」って言うだけ言ってそれでおしまい。あおり運転とか迷惑釣り人も一緒。悪いなら再発防止のために隠さないで晒さなきゃ》
《問題定義するのはいいんだけど、これって取材するだけして後片付けはしないのかな。環境問題云々以前に、番組のネタになればいいんだろうね》
《何故「みんなで片付けて帰りました」っていうところまで、いかないんだろう。そのまま帰ってるとしたら、見て見ぬふりしてるのと同じ事でしょ》

などと、厳しい指摘が寄せられている。

番組としてはプライバシー問題もあり、違反者の顔や車のナンバーはぼかして放送せざるを得ないのだろう。しかし、視聴者にとってはどこかスッキリしない放送になってしまったようだ。

【あわせて読みたい】