『アッコにおまかせ』カンニング竹山に猛批判!“失言”謝罪も「反省してない」

カンニング竹山 

(C)まいじつ 

4月4日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で男性アナウンサーが、タレント・カンニング竹山による前週放送での誤発言をあらためて謝罪した。

この日、番組エンディングで小林廣輝アナウンサーが「先週の放送で、東京都の新型コロナウイルスに関する啓発用YouTube動画について、出演者から『1本あたりの制作費4.7億円である』との発言がありました。正しくは、去年5月から8月に作られた、知事とタレントとの対談形式などによる8本の動画の制作費が1800万円でした」と説明。「番組をご覧いただいている皆様に、誤った情報をお伝えしたことをおわび申し上げます」と頭を下げた。

竹山は3月28日の放送で、東京都の広報用YouTubeの制作に税金を「4.7億円注ぎ込んだ」と猛烈批判。その後、自身の発言の誤りに気づき、「4.7億円は動画制作費ではなく、広告費全体の経費でした」と訂正し、「すみません」と放送内で謝罪した。しかし、竹山の発言をきっかけに、都に非難の声が殺到。都がTBSと竹山の所属事務所『サンミュージック』へ発言の訂正を求める抗議文を送っていた。

2週にわたって謝罪するという異例の事態に、ネット上では、

《何を東京都はそんなに焦ってるんだよって話。だったら過去のワイドショーでもっとヒドいのあったでしょ》
《芸人の天然ボケも叩かれるんだな。そもそもバラエティー番組なんかそんなレベルじゃない? いちいち目くじら立てることでもない》
《誤った情報を言ったのは問題だが、番組内できちんと訂正したしもういいと思う》

などと、大げさすぎるといった声があがっている。

疑問視される“情報バラエティー”の在り方

しかし一方で、

《言い方を間違えたと軽く言ってるけど、明らかな誤りを全国ネットでばら撒いたことを自覚すべき。この期に及んでこれって全然反省してないな》
《芸人なんかをコメンテーターに起用するからこうなる。「注意」されたら謝るのが、世の常識》
《失言があったら番組内で謝るべき。訂正で済ませようとするから、こんな騒ぎになる。竹山さん個人の問題ではなく、番組の対応がダメだったね》
《情報そのものに誤りがあったわけでしょ? 番組最後にちらっと謝罪して済ませる内容ではないと思う。情報バラエティー自体の見直しにつなげるべき》

と、痛烈な批判の声も後を絶たない。

「誤った発言をした竹山は、4日、自身のツイッターを更新。《様々なご意見が皆様あるとは思いますが全ての事の発端となったこちらの番組で昨夜全てを語らせてもらってます》とツイートし、自身が出演する『AbemaTV』の番組を紹介。しかし、その内容は『生放送の中で修正した』の一点張りで、終始言い訳ばかりでした。そもそも地上波の番組で誤った発言をしたのですから、ネット番組ではなく、『アッコにおまかせ!』に出演して、直接視聴者に謝罪するのが筋。これでは開き直っていると言われても仕方がないでしょう」(ネットニュースサイト編集者)

近年はお笑い芸人の枠を超えて、政治的発言を活発化させている竹山。その舌鋒鋭い切り口に、賞賛の声もあるだけに、間違ったときこそキチンとした形で謝罪すべきだったのではないだろうか。

【あわせて読みたい】