芸能界の闇? 夏目三久“5年前の事件”に飛び交う憶測「あれはなんだったのか」

夏目三久 

(C)まいじつ 

4月3日放送の『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(TBS系)で、有吉弘行と夏目三久の結婚の話題が取り上げられた。この時のビートたけしの言動に、ネット上では、とある指摘が続出している。

2日夜に発表され、列島中が大騒ぎとなった有吉と夏目の結婚。番組でもさっそく取り上げたのだが、たけしは興味を示さず「俺、猿岩石しか知らねえもん。夏目って人、知らねえもん」と素っ気ないコメント。「何か、どうでもいいよって感じするよな」「人の幸せなんて大嫌いだもん。お幸せにって言わなきゃいけないんだろ?」と、いつものように毒舌を放っていた。

しかしこの毒舌は視聴者の反感を買い、ネット上では

《たけしなんなん。気分悪いわ》
《もうテレビでない方がいいと思う 有吉と夏目ちゃん知らないとか呆れる 全然面白くないー》
《昔と変わってしまいましたよね。不快な発言が多いです》
《たけしのコメントが酷い。有吉のことを猿岩石と言い募り、夏目のことは知らないと。自分の存在を誇示したいだけのようだし》

といった批判的な声が多くあがった。

「たけしくらいしか出来へんやろ」

ただ、たけしの毒舌に真面目な視聴者が怒るのはよくある光景。お笑いファンが注目したのは、たけしでも〝触れなかった〟事件についてだ。

《5年前だかのスキャンダルについて茶化してほしいな。たけしくらいしか出来へんやろ》
《5年前の件は闇。たけしが素直に祝うのは絶対違うけど、知らない興味ないで通すのも違和感あったわ》

といった声があがっている。

「2016年8月に、スポーツ紙が2人の結婚と夏目の妊娠をスクープしました。ところが、双方の事務所が否定し、この件はワイドショーなどでも完全スルーされることに。そして、スポーツ紙が誌面で謝罪文をするまでにいたりました。これによって、当時は〝ただの誤報〟と片付けられた2人の熱愛ですが、今回の一件で騒動が再燃。『あれはなんだったのか』『闇が深すぎる』『やっぱり付き合ってたのならあれは…』などの声がネット上であがっています」(芸能記者)

障壁を乗り越えた2人には、ぜひとも幸せになってほしいものだ。

【あわせて読みたい】