『インパルス』板倉が初の演出家に挑戦! 趣味のサバゲ―は“蟻地獄”状態?

板倉俊之 

(C)まいじつ 

4月7日、都内で舞台『蟻地獄』の製作発表記者会見が開催。原作・脚本・演出を務める『インパルス』板倉俊之をはじめ、主演の歌手・髙橋祐理、俳優・山口大地、天野浩成、『乃木坂46』向井葉月らが登壇した。

同作は、2012年に発表された板倉の長編小説『蟻地獄』を舞台化した作品。主人公の二村孝次郎(髙橋)が、杉田(迫英雄)という男の助言を受け、親友の大塚修平(近藤廉)とともに、裏カジノに乗り込み一攫千金をもくろむ。凄腕の持ち主で女ディーラー(安川里奈)の目を欺き、見事大金を手に入れたかに思われたが、それは杉田と裏カジノのオーナー・カシワギ(山口)によって仕組まれた地獄への罠だった。人質に取られた大塚を、二村が救済するために奔走するという、板倉渾身のノンストップサスペンスだ。

初の舞台脚本・演出に挑むことについて板倉は、「成功させたいと思っています。まだ演出家としてキャストの皆さんのスタンスが定まっていないので、敵対関係を作るのか、仲良くやるのか稽古までに決める予定です。最初はかっこつけてやるのに憧れていますが…」とコメント。

続けて、主演を務める髙橋は「昨年、新型コロナで一度中止が決まってからの再演なので、日々の稽古に励んでいきます」とアツい姿勢を見せた。

サスペンス以外の魅力も詰まった『蟻地獄』

今まで「蟻地獄」にハマったことはあるかという質問に対して板倉は、「サバゲーが好きでエアガンを集めて、気づいたら10年以上。どんどん銃が増えて、『いくら使ってるんだろう?』と思うと辛くなるので突き進むんですが、もう抜け出せない。やめたら意味がなくなっちゃう。つい、趣味に没頭してしまいます」と苦笑。

最後に観客に向けて髙橋は、「また上演できるということで、日々の稽古を頑張って最高のエンターテインメントを作りたいです。劇場に来るのはかなりの覚悟だと思うので、感謝の気持ちを込めて芝居をします」とコメント。

板倉は、「サスペンス以外にも、バイオレンス、頭脳戦やどんでん返しなど、いろいろな要素が詰まっていて、かっこいいシーンがいっぱい出てくるので、楽しんでほしい。舞台版ならではの良さが出てくれば」と述べ、イベントを締めくくった。

芸人としてだけではなく、演出家として独自の視点で作品を盛り上げる板倉。彼が展開するスリリング満点の『蟻地獄』に注目したい。

【あわせて読みたい】