『ラヴィット!』レギュラー出演者が謎の欠席「なんで?」「出禁になったかと」

川島明 

(C)まいじつ 

「朝のバラエティー」という斬新なジャンルを打ち出したが、地を這うような視聴率でつまずいている新番組『ラヴィット!』(TBS系)。4月8日、さらに〝泣きっ面に蜂〟のような不運が番組を襲った。

番組は2週目に入り、この日は木曜日としては2度目の放送。木曜レギュラーの『NON STYLE』石田明、ギャル曽根、『ニューヨーク』も、2度目の出演を果たした。しかし、時刻が8時を迎えて番組が始まると、そこに「ニューヨーク」の姿はなし。ひな壇には、ゲストの横田真悠、ギャル曽根、石田が並び、後列には『アインシュタイン』が座っていたのだ。

MCの『麒麟』川島明は、オープニングで「『アインシュタイン』が初登場ですー!」と元気よく紹介。不細工キャラで知られる稲田直樹も、「朝から僕の顔いいんですか?」と自虐ネタでスタジオを盛り上げる。しかし、なぜ「アインシュタイン」が出ているのかは一切の説明がなく、そのまま番組は進行したのだった。

スタートからオワコン臭が漂いまくりな『ラヴィット!』

同番組には〝隔週レギュラー〟の出演者も何組か存在しているが、「ニューヨーク」は毎週出演の固定レギュラー。そのため、視聴者は2人の不在に困惑し、ネット上も

《ニューヨークじゃなくて、なんでアインシュタインなのか何の説明もないからモヤモヤして素直に楽しめない》
《ニューヨーク出なかったのか!録画しちゃった!こんな朝から別の仕事入ったんか…》
《隔週じゃなくて急遽バトンタッチだったの?》
《公式ツイッターとかインスタでお知らせして欲しい…》
《来週はニューヨーク出てくれるとのことなので安心した 何かやらかして、前回たった一度の出演で出禁にでもなったのか… と本気で心配した》

とざわつき始める。

しかしその後、「ニューヨーク」ファンの運営するツイッターアカウントが、別の仕事が入ったため急遽欠席になったと報告。屋敷裕政もこれを引用し、《すいません! 来週からまた宜しくお願いします!》とその真相をつづる。その2時間後には、コンビ揃って巨大な海鮮丼の画像をアップ。どうやら、コンビで早朝からグルメロケの仕事が入ったため「ラヴィット!」を欠席していたようだ。

「特にトラブルなどではなかったようですが、欠席したということは『ラヴィット!』の優先順位が低かったということ。ブレーク中の『ニューヨーク』にとって初の帯番組レギュラー、それも大々的にスタートした新番組で他を優先されたのですから、いかに『ラヴィット!』が期待されていないかの表れと言えるでしょう。同番組は視聴率1%台を記録するなど、早くも打ち切りが囁かれていますが、出演者からもろくに評価されていないようですね」(TV誌記者)

なんとも先行き不安な事態が続くが、ここから巻き返すことはできるだろうか。

【あわせて読みたい】