LiSA“鬼滅イメージ”脱却できず…? イメチェンも不評「赤い方がいい」

LiSA 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

アニメ『鬼滅の刃』でおなじみのアーティスト・LiSAが、4月6日深夜にインスタグラムを更新。イメチェン姿を披露したものの、ネット上では不評の声が殺到している。

同日のインスタグラムには、《気分転換で赤やすみしてました すぐ戻ります》といったコメントと共に、トレードマークの赤髪を封印したイメチェン写真を公開。トップは金髪に近い鮮やかなブラウンで、インナーカラーにブルーを入れた新スタイルを披露した。

また次の投稿では〝色落ちする前〟の写真も。《最初はブルーグリーンだったの》というコメント通りに、インナーカラーの深いブルーグリーンと黒のコントラストが美しいヘアースタイルも披露している。

そんな彼女のイメチェン写真の投稿に、ファンからは

《何色でもめちゃくちゃ似合う》
《似合っててかわいい》
《こっちの色も好きっ》
《新鮮でかわいーーーー!》
《めちゃかわいいからスクショしました》

といった絶賛のコメントが寄せられていた。

髪色だけでなく髪質にもツッコミが…

一方でLiSAのイメチェンに低評価を下す人も多く、ネット上には、

《先入観だけど、赤い方が似合ってる》
《この人いつ見ても髪がパサパサで気になる。売れない芸人と同じ髪してる》
《すでに薄毛だし、もう変な色にするのやめた方がいいのに…》
《なんかイタイ人に見える。年の割に妙な若作り感が出てるからかな!?》
《女性ボーカル嫌いじゃないんだけどこの人受け付けない。ヤンキー感とドヤ感かな》
《この人、寒色系は似合わないと思う。まだ前の色の方が良かった》

などの辛辣な声が続出している。

「LiSAは1月に髪色を〝紫色〟に変えたばかり。そこから再びピンクがかった赤色に戻し、今回のブルーグリーンカラーに。まだ2021年も始まったばかりだというのに何度も髪色を変えているため、LiSAの頭皮からは悲鳴が聞こえてきそうですね」(芸能ライター)

自身のイメージや仕事柄から、本人の意思とは無関係に髪色を変えざるを得ないこともあるだろう。しかし、そろそろ髪にも気を遣わないと、数年後に痛い目を見るかもしれない…。

【あわせて読みたい】