田中圭“酒グセの悪さ”直らず…警察沙汰でも改心の様子ゼロ!?

田中圭 

(C)まいじつ 

これまでに、酔った末に反道徳的行為を繰り返すなど、酒のトラブルに定評がある俳優・田中圭。彼の新たな〝酒乱〟エピソードが、女優の土屋太鳳から語られた。

4月5日、2人は映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の完成披露イベントに出演。土屋は撮影時のエピソードに関し、「私は短期間で撮ったので、ほぼ圭さんとしかご一緒してない」と明かした。さらに、土屋は田中のことを「いいところがいっぱいある。みなさんをご飯につれて行ってくれる」など、よく共演者を飲みに誘っていたと暴露。また、「『自分がいっぱい飲むぞ』ってなる」と、その席では田中が飲みたがることも明かしていく。

すると、ここで田中は「土屋さん、1回その話は止めようか!」と割って入る。その後も「これ以上、土屋さんがしゃべると何かおかしくなるような気がしたから!」「何も悪いことはしてない。ただただ俺が嫌な予感がした。ちょっとよ、ちょっと」と、土屋の話を慌てて止めに入った。

これに対し、土屋は「〝そこ〟を言いたかったんじゃなくて(笑)」と意味深な笑顔。察するに、田中にはバラされてはマズい酒の席でのエピソードがあるようだ。つまびらかには明かされなかったが、これまでの不祥事を考えれば、田中が〝やらかして〟いたとしても全く驚きはないだろう。

不祥事をネタにする面の皮の厚さ

「不倫から賭博疑惑まで、田中のプライベートのユルさは挙げればキリがありません。しかし、そのだらしなさを最も示したのは、昨年9月の警察沙汰でしょう。当時、各マスコミが完全スルーする中、田中が泥酔して警察沙汰を起こしていたことを、NHKのWEBニュースだけが小さく報道。田中は未明にタクシーで帰宅したのですが、泥酔のあまり料金を支払わず、そのまま警察で保護されました」(スポーツ紙記者)

直後、田中は主演ドラマの製作発表に出たのだが、全くもって反省していなかった。

「同報道の2日後、田中は『Hey!Say!JUMP』山田涼介とW主演を務める『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)の製作発表に登壇。報道後初の公の場とあって注目を浴びたのですが、謝罪どころか『僕の最近あった〝キワドい〟話だと…皆さんもうご存知だと思うので、コメントは差し控えさせていただきます』とボケました。共演者から事件をイジられても、田中はノリノリでツッコミを入れるなど、ヘラヘラとした態度に終始しています」(芸能誌記者)

今回もまた、自身の失態をネタにした様子の田中。その面の皮の厚さは呆れる他なく、ネット上には

《田中圭は酒癖悪いからね》
《絶対酒の席でハメ外してる》
《酒乱トラブル連続させても全く無反省だし、干されもしないし不快感しかない》
《コロナ禍での食事会か分からないけど、このご時世みんなで食事とかいっぱい飲んでとか… タブーでは?》

といった声も見られている。

40歳手前でこれでは、今後も改心することはないだろう…。

【あわせて読みたい】