『ラヴィット!』打ち切りの心配ナシ!? 麒麟・川島の激安ギャラで安泰か

川島明 

(C)まいじつ 

視聴率1%台を記録するなど、歴史に残る大爆死を記録している朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)。MCを務める『麒麟』川島明のギャラは高くないようで、川島にとっては踏んだり蹴ったりの状況になっているそうだ。

4月3日放送の番組『せやねん!』(MBSテレビ)で、川島の先輩にあたるお笑いコンビ『トミーズ』の雅がギャラ事情を暴露。『ラヴィット!』が川島に提示してきた額が、最初は〝シャレにならないほど安かった〟そうで、川島はオファーを拒否をしたというのだ。また、一度断ったためにギャラは上がったらしいのだが、その額についても「ビックリするくらい安い」と証言している。

“ラヴィット御殿”はいつ建つのか…

「朝の帯番組をする芸能人のギャラは凄まじいと評判で、『スッキリ』(日本テレビ系)の加藤浩次や、『ノンストップ!』(フジテレビ系)の『バナナマン』設楽統などがよく話題になりますね。2人はそれぞれギャラで一軒家を購入したと報道されていますが、加藤の〝スッキリ御殿〟は推定5億円、設楽の〝ノンストップ御殿〟は推定4億円だとか。川島の〝ラヴィット御殿〟はいつ建つことになるのでしょうか…」(芸能記者)

そもそも、低視聴率で打ち切りも既に囁かれている「ラヴィット」。しかし、その心配はないとも言われている。

「ラヴィットの強みは、川島のギャラの安さからもわかるように、制作費の安さにあります。レギュラー出演者も、川島のバーターの吉本芸人ばかりで、安く済ませている匂いがプンプン。予算が厳しくなれば、無駄に多いレギュラー出演者の人員を削減するなどもできるため、しばらくは打ち切りの心配はないでしょう」(同・記者)

しかしうま味がまるでない川島にとっては、いっそ打ち切りにしてしもらうほうがいいのかもしれない。

【あわせて読みたい】