30年で4倍に!女性の「痛風」が増え続ける理由

poosan / PIXTA(ピクスタ)

中年男性の病気だというイメージが強い『痛風』の女性患者が急増しているという。

「1992年には痛風患者全体の1.5%が女性だったのですが、現在は6%にまで上がっています。この30年で約4倍に増えたことになります」(医療ライター)

痛風は尿酸が増え過ぎると起こる病気で、関節のなかに溜まった尿酸の結晶が剥がれ落ちたとき、激しい痛みとともに関節が腫れあがる。

肉や卵などの動物性たんぱく質や、酒を長年摂ってきた人がかかる病気のため、“贅沢病”といわれ、特に中高年男性がかかりやすいイメージが強かったのだが、なぜ最近は女性も増えているのか。

「要因としては運動不足、ストレスに加えて、食生活の変化の影響が大きいのです。近年は女性の飲酒が増え、食べ物も肉中心の欧米型になり、痛風の原因となる脂質やプリン体を多く摂取するようになりました。これまで、女性ホルモンが尿酸の発生を抑えるため、女性は痛風にかかりにくいとされていましたが、最近はそうとも言い切れなくなってきました」(同・ライター)

 

女性患者が急増した病気の数々

痛風のほかにも、女性に増えている病気があるという。

「『睡眠時無呼吸症候群』は肥満男性がかかるイメージの強い病気ですが、現在は患者全体のうち3割が女性です。女性ホルモンが衰えてきて気道が塞がりやすくなったり、小顔の人も気道が塞がりやすいそうです。動脈硬化も増加しており、たばこ、飲酒、運動不足が原因とされています」(同・ライター)

さらに女性のアルコール依存症も急増している。

「2008年に8万人だったのが、2013年には14万人に増えています。最近の20代は男性より女性のほうが、飲酒率が高いそうです」(同・ライター)

女性のおじさん化が止まらない。

 

【画像】

poosan / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」

※ マツケンサンバの振付師・真島茂樹が「松平健との交際」告白