広瀬すず『ネメシス』“棒演技”に酷評「学芸会みたい」「壊滅的…」

ネメシス 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月11日より放送がスタートした櫻井翔と広瀬すずのW主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)。初回の世帯平均視聴率は11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートだったのだが、内容をめぐっては「演技が酷い」と酷評が溢れかえっている。

同作は、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の映画監督・入江悠が仕掛ける、完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修している。ストーリーは、栗田一秋(江口洋介)が経営する探偵事務所・ネメシスで、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲な美神アンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真尚希(櫻井)が難事件に挑んでいくというものだ。

第1話では、ネメシスに美しい女医・上原黄以子(大島優子)が駆け込んでくる。彼女の依頼は、自分の雇い主〝磯子のドンファン〟澁澤火鬼壱(伊武雅刀)が、「何者かに命を狙われているかもしれないので助けて!」というもの。アンナと風真は火鬼壱の豪邸に乗り込んだのだが、火鬼壱は殺害されてしまう。容疑者となった7人の美女を相手に、2人が推理を繰り広げていった。

櫻井翔ファン「もうオファーは受けない方がいい」

終始、コメディー調でストーリーが進み、見せ場の推理披露シーンもコメディー全開で繰り広げられた同作。しかしネット上では

《すずは特に下手なイメージなかったんだけど、コメディーだめだね》
《楽しみにして見始めたけど、櫻井翔と広瀬すずの演技が壊滅的…》
《江口洋介もコメディー演技、ヘッタクソだからね、ほんと。この人はシリアスしかダメな人》
《櫻井くんも広瀬さんも演技してます感が凄くて学芸会みたい》
《翔くんのガチオタだけど言わせてもらう。翔くん、演技力上げる気がないならもうオファーは受けない方がいい》

など、役者陣の演技に辛辣な声が多く寄せられている。

「櫻井の演技が壊滅的なのは、ファンの間では当然のこと。また、広瀬の演技力も、今まではドラマ『anone』(日本テレビ系)や、映画『怒り』などの〝暗くてボソボソ喋るキャラ〟は評判でしたが、明るいキャラで評価されたことは特にない。今回のドラマで、コメディーに向いていないことが決定的になってしまいました」(芸能記者)

役者の技量で大きく左右されるコメディー作品。櫻井と広瀬のW主演は、完全なミスキャストだったかもしれない。

【あわせて読みたい】