『月曜から夜ふかし』芸人の“検索履歴”に騒然「闇深すぎ」「そんなにヤバイの」

マツコ・デラックス 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月12日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に『アルコ&ピース』の平子祐希がVTR出演。スタッフのお願いを頑なに拒否し続け、話題になっている。

番組では、街ゆく一般人に声をかけてスマートフォンの検索履歴を見せてもらう企画を放送していた。スタッフは偶然、黒マスク姿の平子と遭遇。VTRを見ていたマツコ・デラックスは「大好き! 平子ちゃん、かわいい~!」と大喜びした。

スタッフが検索履歴を見せるようにお願いすると、平子は頑なに拒否。「検索履歴見たら(芸人人生が)終わります。分かるじゃん、それは?」と即答した。

検索履歴を見せると「社会人として全部終わります」

「終わる自信があります」と続けた平子は、「アダルト系ってことですよね?」と問うスタッフに「アダルトだったらいいですけどね。フェチズムの域に入っちゃうとヤバくないですか?」と問い掛け。「一段階目の話じゃないんで。扉、何回開けたかという問題」と、履歴を見せることを断固拒否した。

「人として、男として、芸人として、社会人として、全部終わります」と告げて平子の出演シーンは終了。スタジオの『関ジャニ∞』の村上信五は大笑いしながら「何調べとんねん…」、マツコは「何?」と漏らした。

平子の検索履歴が本当に放送してはいけないものだったのかは定かではないが、視聴者は平子の突然の告白に驚いていた。

《なにそれ平子さん気になりすぎるんだがw》
《アルピー平子闇深すぎだろ(笑)》
《平子さんどんななのw》
《アルピーの平子さん、そんなにヤバイの携帯で検索してんの?》
《人生終わるほどの扉を見てみたい》
《平子さんw 一体どんな履歴なのかめっちゃ気になるんだけどw》
《平子の検索履歴、超興味ある》

平子の検索履歴はそこまでヤバかったのか、それともスマホを見せるのが単に面倒臭かっただけなのか。

【あわせて読みたい】