『NiziU』モノマネに大ブーイング! キンタロー。の好感度が地の底に

(C)Asier Romero / Shutterstock

お笑いタレントのキンタロー。が4月11日、自身のインスタグラムを更新。アイドルグループ『NiziU』のモノマネを披露したところ、ネット上では辛辣なコメントがあがっている。

キンタロー。は、《昨日のHEY!HEY!NEO! AMEMIYAさんの捧げる歌の時に #おばたのお兄さん と #NIZIU ものまね披露1人でメンバー9人やらせていただきました 感激》とコメントし、1枚の写真に『NiziU』のメンバー全員をイメージした、渾身のモノマネを披露。また、写真には同グループの楽曲『Make you happy』と掛けて、『Make you big face』と自虐タイトルを添えた加工を施していた。

この投稿に、ファンからは

《NiziUわからない私でも、大爆笑! ひとりひとりの衣装や表情とかが面白すぎる》
《このシリーズやばい! 何回みても笑っちゃう》
《ダンスも上手だし、お母さんもやってるし、笑いのセンスもあって素晴らしいですね》
《全部キンタロー。さんだ! でも、リマちゃんだけは分かってしまいましたよ》

などといったコメントが寄せられている。

“お騒がせ”のイメージが消えないキンタロー。

しかし一方で、

《この人のモノマネって悪意しか感じないから苦手。敬意もリスペクトもないし、これはNiziUがかわいそう》
《クオリティー低すぎ。これだったら素人でもできるレベル。NiziUに便乗するのはやめてください》
《あれだけ保育士に対して子どもの面倒を過剰に押し付けるのに、なぜ不愉快なモノマネをされる人達の気持ちは考えないのかな?》
《NiziUのファンでもないけど、不愉快でしかない。こんなつまらない事してるなら、子どもを自分で見たらいいのに》

などといった声もあがっている。

「キンタロー。は先月、自身のブログで1歳の娘がケガをしたことに大騒ぎ。一方的に預け先への不満をぶちまけていたことから、〝モンペ(モンスターペアレント)〟として大炎上していました。また、過去には夫を〝GPSアプリ〟で監視していることを告白し、世間から冷ややかな目で見られています。好感度が右肩下がりなのにも関わらずモノマネを投稿していたことに加え、お世辞にも似ているとは言えないクオリティーだったことから、『NiziU』自体をけなしていると捉えられてしまったようです」(芸能記者)

キンタロー。自身は悪気がないようだが、これだけブーイングを受けていると、すぐに好感度を取り戻すのは厳しいところ。自身の近況を報告するよりも、しばらくは子育てに専念したほうが良さそうだ。

【画像】

Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】