マリエ騒動に逆風!? 書籍発売で“炎上商法”を疑う声「全てを察した」

(C)H_Ko / Shutterstock 

島田紳助氏から〝枕営業〟に誘われたことを暴露し、話題になっているタレントのマリエ。彼女が、書籍を発表する予定になっていることがわかった。この報道に〝炎上商法〟を疑う声があがっており、物議を醸している。

マリエは、3月3日に公開された『三越伊勢丹』公式サイトの対談形式のインタビューに登場。記事の中で、《本を出されるって。もう細かいところとか決まられているんですか?》と質問されると、《タイトルとかはまだ決まっていないんですけど、自分がどうして今の活動しているのかとか、好きなことに出会う大切さだったりとか。女性が日本で起業する大変さをどう切り抜けていけばいいのかっていうウーマンエンパワーメント的なこと。あとは、メンタルヘルスだったりとか。体調を崩していた経緯があったので、どうそれを自分で治していくかっていうヒントがすごく詰まった本になると思っています》と回答した。

さらに、《うまく行けば4月末だったり、5月頭っていう感じですけど。かなり衝撃的な内容がたくさん入っているんじゃないかなと……。女の子の生きるヒントになったらいいなって。女の子じゃなくても》と、なにやら過激な内容が含まれていることを示唆している。