広瀬すず『ネメシス』初回11.4%! 急降下必至のザンネン要素とは…

広瀬すず  櫻井翔 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

広瀬すずと櫻井翔がW主演する連続ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)が4月11日に放送。初回の平均世帯視聴率が11.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。

同ドラマは、広瀬演じる天才助手・美神アンナと、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディが、難事件を次々と解決していくミステリー。第1話では、探偵事務所ネメシスに依頼者第1号として、美人医師(大島優子)が登場し、話題になっていた。

「初回でこの数字は、日本テレビ制作の日曜ドラマ過去5年間で最高の視聴率です。放送中にもツイッターのトレンドで1位を獲得し、視聴者から大評判でした。もっとも、好評なのは主演の櫻井見たさのジャニーズファンや、広瀬ファンがこぞってチャンネルを合わせたからでしょう。ドラマの内容は必ずしも出来がいいとは言えず、ドラマ通からはかなり厳しい意見も聞こえてきます」(エンタメ誌記者)

推理の“単純さ”にガッカリする声

実際にネット上では、

《謎解き部分が全く緊張感なくて正直つまらなかった。ギャグポイントも弱いし、クスッと笑えるところもない》
《豪華なセットの割に謎解きもイマイチ。コメディー部分は仕方ないとしても、あまりにも推理が単純で少し軽すぎのような気がする》
《配役の知名度だけのドラマ。推理できない探偵と優秀な助手ってありがちな設定だしな…》
《テンポはいいけど、ストーリーが幼稚すぎて期待はずれだった。『コナン』の実写化した方が面白そう》
《この終わった後の物足りなさはなんだろう…。脚本、キャラ設定、安易なコメディ演出何もかもが中途半端》

などと、酷評が相次いでいる。

「同ドラマは、広瀬や櫻井のほかにも江口洋介や仲村トオル、真木よう子、橋本環奈など多数の豪華キャストが出演しています。そのこともあり、視聴者の期待値は高かったでようですね。そのぶん、刑事コントや謎解きがチープで単純すぎると感じてしまったようですね。今後のトリック内容によって視聴率も左右しそうです」(エンタメ誌記者)

日曜ドラマ枠は、これまで『今日から俺は!!』、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『あなたの番です』など、話題作を連発しているが、果たして『ネメシス』はどうなるか。

今回のような推理展開が変わらず続くようであれば、これ以上の視聴率アップは難しいかもしれない…。

【あわせて読みたい】