『しゃべくり』で心霊現象!? セット後ろに男の顔…「めっちゃ怖い」

(C)DarkBird / Shutterstock 

心霊現象による放送事故は、2000年前後まで各メディアで鉄板だったオカルトネタ。近年ではすっかり見られなくなってしまったこの光景が、4月12日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で訪れた。

2時間SPだった今回、トップバッターには女優の石原さとみがゲスト出演。いつものように進行していくと、中盤から〝間違い探し対決〟が行われることになった。まずは石原が過去にリリースした写真集から、元のカットと間違いを配置した画像を並べ、何箇所見つけたかを競っていく。特に変わった企画ではなかったのだが、なんとセットの窓からは、人影のようなものが時折のぞいていたのだ。

この不気味な光景に、SNSには

《しゃべくり見てたら、原田泰造の後ろに時々覗き込む顔があってめっちゃ怖い》
《怖くて内容が入ってこない…》
《さっきからセットの後ろの窓にチラチラと人写ってるよね!? スタッフさん? それともホラー!?》
《後ろに誰かいるんだけど》
《妹が窓のところに顔あるって言い始めて、ホラーかと思ってマジで固まった》
《しゃべくりの泰造さんと名倉さんの後ろにチラチラ写っているのは誰!?》

など、驚きの声が殺到。そしてこの後、視聴者はその衝撃的な真相を知ることとなる。

正体は“アパ不倫”で有名なアノ人

全ての問題を終えると、ここでスタッフから「今日のこのセットの中にオープニングから、ずっとある間違いが」とのカンペが。突然の告知にスタジオメンバーはザワつき、「え?」「何…?」とどよめき始める。メンバーがセットの隅々を探していると、『ネプチューン』堀内健が窓の裏に人影を発見。見つかった人影がすぐに身を隠し、セットの裏からゆっくりと回り込んで来ると、スタジオには「怖い怖い!」と緊張が走っていく。

緊張がピークに達したその時、セットの裏からは俳優の袴田吉彦が息を切らしながら登場。あまりの出来事に驚く中、「正解は『袴田吉彦がずっとセットの奥でのぞいていた』です」と正解発表されたのだった。

心霊現象ではなかったようだが、袴田には石原とのゆかりも番宣もなし。なぜ登場したのかは全く謎のままであり、番組中にも何の理由も説明されなかった。この妙なモヤモヤ感に、SNSには

《結局何がしたかったんだよこれは》
《わざとなのわかるけど、なんかホラーだわ》
《企画知らんかったらホラーだよあ》
《普通にホラーかと思った》

といった声も。

ネタばらし後もスッキリしない、〝誰得〟な企画となったようだ。

【画像】

DarkBird / Shutterstock

【あわせて読みたい】