『モーニングショー』元フジ・菊間千乃の出演に疑問「未成年飲酒の人だよね」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

元フジテレビアナウンサーの菊間千乃弁護士が、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の火曜コメンテーターに就任。4月13日放送回にも出演したのだが、批判的な声が寄せられている。

コメントの歯切れもよく、「モーニングショー」ではまずまずの評価を得ている菊間弁護士。しかしネット上には、

《菊間ってジャニとの未成年飲酒の人だよね》
《大変申し訳ないけど、菊間元アナが出るようになったから火曜はもう見れないな…。さすがに過去のことは水に流せないし》
《今でこそ弁護士づらしてモノを言ってるけど。フジテレビ女子アナ時代はジャニーズ系の未成年男子に飲酒させるような仲間たちとつるんで遊び回ってたんでしょ》

などと批判の声も続出している。そもそもフジの顧問弁護士にも関わらず、他局の番組へ堂々と出演しているのはナゼなのだろうか。

「菊間弁護士と言われて真っ先に思い出すのは、未成年ジャニーズとの飲酒騒動でしょう。2005年、フジのアナウンサーだった彼女は、『NEWS』の当時18歳だったメンバーと飲酒。その後、メンバーは公園で騒ぎ、補導されました。この騒動によって菊間氏は全番組を降板。2007年いっぱいでフジを退職し、後に弁護士になっています。騒動に関して彼女は、2014年に『ハフポスト』へ掲載された対談で〝飲ませたワケでなく、他のところで飲酒していた〟と述べています」(芸能ライター)

15年以上前の話だが、視聴者はこの事件の印象が強く残っているのだろう。刑事罰が科せられなかったとはいえ、テレ朝やTBS系の『新・情報7daysニュースキャスター』など、他局の番組へ出演していることに不快感を覚える人も少なくないようだ。

菊間千乃の代表作のひとつ『めざましテレビ』

「アナウンサー時代のもうひとつの印象的な事件といえば、『めざましテレビ』(フジテレビ系)での放送事故。菊間氏は中継先のビルから落下する事故にあい、大怪我して死にかけたのです。その〝賠償〟の意味もあり、働きかけたのが、彼女が入社した時にフジの社長だった日枝久氏。日枝氏の友人が経営している法律事務所に入れてもらったとされています。顧問料はかなりのものらしく、どうでもいい案件は自動的に菊間氏が担当になるそう。弁護士事務所ではよくある話ですが、実際は単なる伝言係で、案件は別の弁護士が処理しているようです」(同・ライター)

現在、フジテレビなどを傘下に持つ『フジ・メディア・ホールディングス』が、〝外資規制違反〟で世間を賑わせている。フジ局内では「話をリークしたのは誰か」と犯人捜しが始まっているようだ。「楽しくなければテレビじゃない」とのスローガンを掲げ、一時期は民放のトップに立っていたフジテレビだが、いまでは見る影もない。

いろいろな意味で〝お世話〟になったフジテレビに対して、菊間氏は何を思っているのだろうか…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】