『東大王』の“視聴者離れ”加速!「迷走しだしてる」「大丈夫なのか?」

(C)Kues / Shutterstock 

クイズ番組『東大王』(TBS系)の人気が急落している。3月までで人気メンバー鈴木光と林輝幸が卒業した後に、出演メンバーをほぼ総入れ替えされた。視聴者は新メンバーを温かく迎え入れながらも「今までの頑張りはなんなの?」と既存メンバーの脱落を惜しみ、番組を批判している。

鈴木、林の卒業直後に番組は新制度の導入を発表。既存メンバーと「プロジェクト東大王」の選抜メンバーで入れ替え戦を実施して、東大生を一、二軍に割り振り。今後は芸能人チームと対戦するステージで、東大王チームが1ステージを落とす度に一軍、二軍メンバーを1人入れ替えることが発表された。

既存メンバー4人が「二軍」行きに

4月7日放送回で大将・鶴崎修功と新メンバー・川上諒人の一軍入り、昨年度まで番組を盛り上げてきた岡本沙紀、砂川信哉の二軍行きが決定。14日放送回で、昨年度レギュラーの紀野紗良、伊藤七海の二軍行きも決まった。昨年途中に加入した猪俣大輝は一軍に残ったが、4人が二軍に落ちることとなった。

番組サイドは〝さらに強い東大王チームを作るため〟と新制度の趣旨を説明している。しかし番組ファンからは

《プロジェクトメンバーは何も悪くないが、ジャスコ、光ちゃんが卒業して、砂川くん紀野ちゃん七海くんもいない なんかなー…》
《せめて正規メンバーはそのままで良かったじゃん。今までの頑張りはなんなの?》
《東大王、光ちゃんとかいう看板を失ってから完全に迷走しだしとる》
《視聴率とかの話をするなら、残酷だけど光ちゃんしか稼げん》
《東大王ジャスコと光ちゃんいないだけで 実力的にもテレビ的にも大打撃なのに 来週から大丈夫なのか?》
《東大王一軍、全員男なん!? 岡本ちゃんも光ちゃんの次に推してたのに…》

などと批判的な声が多くあがっている。

このままでは視聴者離れが止まらなさそうだ。

【画像】

Kues / Shutterstock

【あわせて読みたい】