“歴史を変えたアニメ”に『プペル』登場! アニメファン猛反発「露骨なゴリ押し」

(C)まいじつ

4月13日放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)では、「日本のアニメの歴史を変えた! スゴいアニメ14」を特集。その中に『映画 えんとつ町のプペル』が入っており、視聴者からは反発の声があがっている。

今回番組では人気アニメに携わる76人のクリエイターに取材をして、「歴史を変えたアニメ」をピックアップ。『エヴァンゲリオン』シリーズや『ガンダム』シリーズなど、絶大な人気を博したアニメが数多く取り上げられていた。そんな中でCGを評価されたのが、『キングコング』西野亮廣が製作総指揮を務めた「えんとつ町のプペル」。同作はキャラクターを全編3DCGで描いており、中でも〝ゴミ人間〟の感情を表現する技術が評価されているという。