正解したのに…『東大王』ヒロミが“新メンバー”にダメ出し「手厳しい」

ヒロミ 

(C)まいじつ 

4月14日放送の『東大王』(TBS系)で、MCのヒロミが正解した新規メンバーにダメ出しを浴びせて話題になっている。

東大王チームの「一軍」入りをかけて、既存メンバーの伊藤七海、紀野紗良、猪俣大輝が「プロジェクト東大王」の選抜メンバー3人と1対1で対決。紀野は理学部3年の和田空大と5問先取の早押しクイズに臨んだ。

「実力がまだまだ伴っていないところもあると思うが全力でぶつかりたい」と謙虚な和田だったが、2対2で迎えた5問目では絵画『サッセンハイムのチューリップ畑』の作者を問う問題を「(クロード・)モネ」と正解してリード。和田は「完全に勘」だったといい、正解するなり驚く表情を浮かべた。だが『南海キャンディーズ』山里亮太は「運もよかったじゃん!」と称えた。

東大生に「反省しような」

和田の「4−3」で迎えた8問目で、一部穴の空いたブロックを複数重ねて回転させ、穴の空いていないブロックの数を問うクイズが出た。和田は解答ボタンを押してから迷いに迷ったが、「8個」と答えて見事に正解。ヒロミが答えを導き出した理由を問うと、頭をかきながら「緊張してあまりよく覚えていないんですけど…頑張って計算しました」と言葉を絞り出した。

ヒロミは「そうだな、そんな感じだよな」と口にしてから「オーケー、オーケー。次からオンエア1回見て、反省してみような」と、答えの説明がなかったことに対してダメ出し。『NON STYLE』の井上裕介が「厳しいー!」といさめたが、ヒロミは「『東大王』はなんで正解したか説明できないと。勘だけじゃさ」と続けた。和田は山里からも激励され「ありがとうございます。頑張ります」と丁寧にお礼した。

ヒロミは手厳しかったが、視聴者は和田を激励している。

《早押しの思い切りがいいな 思考のプロセスを解説してもらえるのを視聴者も期待してるから頑張って!》
《和田くん、クイズ未経験とは思えない早押しっぷりですごかったな》
《ヒロミさん厳しいな…》
《ヒロミさん「勘だけではなく理由の説明が出来ないとね」手厳しい》
《正解するだけじゃだめなんだ》
《勘でも本当にすごい…!結果が1番大事》
《勘って言っても知識のある勘だからな~!》
《和田さんいい勘してるなぁ!》

ヒロミの圧に負けず、大いに活躍してほしいものだ。

【あわせて読みたい】