川口春奈は“算数”が苦手?大金持ち歩く理由に「利口じゃない」

川口春奈は“人間力”が高い? 外出時に大金を持ち歩く理由とは…

(C)まいじつ

女優の川口春奈が4月9日放送の『ぴったんこカンカンスペシャル』(TBS系)に出演。財布の中に大量の1000円札を入れていることを明かし、驚きの声があがっている。

川口はロケに同行していたお笑いコンビ『ホンジャマカ』の石塚秀彦から「1000円札をたくさん持ち歩いてるという話を聞いたんですけど」と話を振られると、「そうなんです、私バカなんで」と前置きし、「例えば友達とごはん行ったときに、会計が1万6000円だとしたら1人8000円ずつじゃないですか。私が1万円出したら、お釣りをどうやって分けたらいいかわからなくなるんです」と悩みを明かした。

続けて、「だから、きっちりとお釣りが出ないように3万円分くらいの1000円札は常に入れてます。小銭入れのところもパンパンです」と説明した。

このエピソードに、ネット上では

《計算力は弱くても馬鹿ではないタイプですね。周囲に配慮していてむしろ偉いと思う》
《奢って貰うの前提としてお金を持たないよりは賢いと思う!》
《こういう感覚好き。応用力を使わないライフスタイル。川口春奈らしくていいじゃん》
《人柄の良さを感じますね。きちんと周りへの気遣いができる人。色んな意味で良い心掛けだと思います》

などと、川口の配慮に感心する声が相次いだ。

川口春奈の“計算方法”は時代遅れ?

一方で、世の中がキャッシュレス化する中で、大量のお札を財布に入れていることに驚く声も後を絶たない。実際には、

《今時はカードで払うだろ。財布をパンパンにするより、みんなからキャッスレスで受け取ればいいじゃん》
《まぁ、1人でそこまで考える必要ないよね。だれか川口さんにスマホ決済の方法教えてあげなよ》
《たしかにバカじゃないけど、決して利口じゃないよね。スマホアプリできれいに割り勘できるのになぁ》
《今時、現金を大量に持ち歩いていることにビックリしたわ。スマホで計算すればいいのに》

などといった声があがっている。

川口は2019年2月に出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)でも割り勘ができないエピソードを披露しているが、どうやら苦手な計算をいまだに克服できていないようだ。

周囲の人間が、〝キャシュレス決済〟の方法を詳しく教えてあげれば、問題はすぐに解決されると思うのだが…。

【あわせて読みたい】