河北麻友子“視力改善”治療完了でオノロケ全開!「主人の顔もくっきり」

河北麻友子 

(C)まいじつ

4月14日、都内で「スターサージカルICL治療アンバサダー就任&新Web CM発表会」が開催。同治療のアンバサダーを務めるタレント・河北麻友子が登壇し、治療のメリットについて語った。

ICL治療とは、10分から20分ほどの短時間で、角膜を削らず眼内にコンタクトレンズを入れる視力矯正のこと。現在は、眼科専門医でICL認定医が同治療を行っている(通院のみ)。

ICL治療を受けて、河北は「今、コンタクトをしていなくても、顔が見えるのがうれしいです。以前は、メガネとコンタクトが必要で、視力も0.06ないくらいでしたが、1月に治療をして世界が変わりました。本当に良かったと思います。(手術前は)怖くてドキドキしましたが、片目5分ずつで終わりました」と振り返った。

「ご主人の顔が見られてうれしい?」と尋ねられると、「言われるかなと思っていました。うれしいです。でもどうなんでしょう。ちょっとぼやけているくらいがいいのかな(笑)」と照れながらコメント。また治療前の不安については、「手術自体が初めてだったので不安でした。私やマネジャーも人に聞いたりネットで調べたりして、お互いのインフォメーションを共有し、私に決断をゆだねてもらいました」と述べた。

日常生活の“お悩み”を解決してくれるICL治療

続けて、治療を受けてよかったことについては、「第1に、朝起きたときに目がすぐ見えることです。念願の夢が叶いましたね。あと、もともとドライアイ・乱視が原因でコンタクトが取れてしまうことがありましたが、その悩みが解消されて、お仕事に集中できるようになりました。そして、コンタクトや眼鏡の準備が必要なくなったので、出掛ける準備も必然と早くなりました」と、喜びを見せた。

河北麻友子 

(C)まいじつ 

最後に河北は、「(ICL治療を)知らない方もたくさんいると思いますし、不安な人もいると思いますが、まずはお医者さんに行って、治療に前向きに向き合ってほしいと思います」と述べ、イベントを締めくくった。

今年1月に一般男性と結婚し、順風満帆な人生を送る河北。今回の治療を機に、さらなる幸せオーラを振りまいてくれることだろう。

【あわせて読みたい】