『YOASOBI』の楽曲はワンパターン? 新曲に賛否「天才だ」「もう飽きた」

airdone/shutterstock

ボーカロイドプロデューサー・Ayaseとシンガーソングライター・ikuraからなる音楽デュオ『YOASOBI』が、3月30日に新曲『三原色』のミュージックビデオをYou Tubeに投稿。「YOASOBI」らしさを詰め込んだ楽曲だったが、賛否両論が巻き起こっている。

「三原色」は、『ahamo』のテレビCM『ahamo はじまるよ』のために書き下ろされた楽曲。「ahamo」のコンセプト「つながりによろこびを」をもとに執筆された小説『RGB』を原作に作られている。今回はフルリリースに先駆けて、ショートバージョンがYouTubeに投稿された。

ミュージックビデオは実写の背景とイラストの人物を組み合わせたもので、楽曲の世界観を見事に表現。前奏は『夜に駆ける』によく似ているリズムだったが、サビは一転してポップな曲調に。心を引きつけるような楽曲に合わせて、ikuraのハイトーンボイスが独創的な歌詞を紡いでいる。

『YOASOBI』の聴き方は年齢によって異なる?

若者を惹きつけてやまない「YOASOBI」の新曲に対して、ネット上では、

《YOASOBI、ヨルシカ、ずとまよ。この中でYOASOBIだけ頭2つぐらい抜けてるよね》
《よく流行ってる曲は好きじゃないっていう人いるけど、YOASOBIはそんなこともどうでもよくなるレベルで神》
《なんでこのペースでヒットするというか耳に残る曲作れるんだ》
《Ayaseさんを一言で呼ぶなら怪物だよね。どうやったらこのハイペースで名曲を生み出し続けられるのか。間違いなく邦楽界の歴史に残るアーティストだよ》
《この一言に尽きます。「天才だ」》

などと絶賛の声があがっている。

しかし一方で、いつも通り前半は小さめの声で歌い、後半に叫びだすというテンプレート的なikuraの歌い方にウンザリしている人も多いようで、

《ワンパターンだよな、こいつらの曲》
《なんか毎回同じような楽曲ばっかだよね。もう飽きた》
《ペラペラだったなって感想しか出てこない》
《若者にはバカ受けしてるが、何処が良いのかさっぱり分からん》

といった否定的な意見も。『夜に駆ける』が流行った際も今回と同様に賛否があがっていたため、多くの中年が「YOASOBI」の作風を受け入れられないのだろう。

社会人ならば、上司に一昔前のアーティスト勧められて苦しんだという経験があるはず。今は一転して、若者が自分たちの楽曲を他の世代に押し付ける時代になったのかもしれない…。

【画像】
airdone/shutterstock

【あわせて読みたい】