『クセスゴ』“不倫芸人”の好感度が急上昇? 親子共演が話題「好きやわー」

(C)Andrei Korzhyts / Shutterstock 

『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)でお笑い芸人の息子が毎回、父に関する自虐ネタを披露し、視聴者を沸かせている。

同番組には『トータルテンボス』大村朋宏と、14歳の息子・晴空(はるく)君が毎週のように登場。晴空君がギターで弾き語りし替え歌を披露する一方で、今まで大村は毎回無表情で、一言も歌を口ずさんではいない。

晴空君は過去に『Yoasobi』の『夜を駆ける』の替え歌『余裕で泣ける』を披露し 、父の知名度が上がらないと自虐した。同曲では、学校で同級生が誰も「トータルテンボス」の存在を知らず、唯一、教諭が「知っている」と携帯電話の写真を見せてきたものの、長崎県のハウステンボスの写真だったエピソードを明かしていた。

また過去には、父の仕事がキャンセルになり6連休になった逸話を口に。番組MCで売れっ子芸人の『千鳥』との仕事差やお笑い第7世代をうらやむ心境を口にするなど、仕事が増えない父の惨状を嘆いている。

『トータルテンボス』大村朋宏の秘密をバラす

4月15日放送回にも2人は登場し、菅田将暉の『虹』の替え歌『ガチ』を披露。毎回無表情で晴空君の隣に立つ父・大村だが、実は表情を崩さないように事前に練習するなどして耐えていることを、替え歌で息子にバラされていた。

毎回展開される父に関する自虐ネタや、晴空君の弾き語りの質の高さからじわりと人気上昇中だ。歌、ギターはもちろん、替え歌のネタの質が毎回向上していると視聴者は驚いている。

《晴空好きやわー 安定のディスり》
《晴空がまたバージョンアップしてる…》
《千鳥のクセスゴGPは大村晴空を見るために見ていると言っても過言ではない》
《クセスゴの大村晴空君の替え歌、めっちゃオモロすぎるんよ》
《クセスゴは毎回晴空の替え歌を目当てにしてる大爆笑》
《クセスゴ、大村晴空の替え歌だけ好き》
《大村晴空くん、クセスゴ以外で見ないの不思議なんだけどなんで? いっくらでも聴けるわ…いい歌声…》
《大村晴空くん歌上手いし、毎回替え歌すごい》

愛妻家キャラだったが、2017年に『FRIDAY』でファンの女性との不倫がすっぱ抜かれ、好感度が地の底まで落ちた大村。息子を利用した好感度アップ作戦は成功しているようだ。

【画像】

Andrei Korzhyts / Shutterstock

【あわせて読みたい】