関口メンディーが“キンコン西野”信者に? ファン心配「誰か全力で止めて」

関口メンディーが“キンコン西野信者”に?

(C)まいじつ

『EXILE』の関口メンディーが、『キングコング』西野亮廣に傾倒しているのではないかと、ファンの間で衝撃が走っている。

メンディーは4月15日、自身の会員向け有料ブログに『人生で初めて講演会に行ってきた』というタイトルの記事を投稿。脚本家・鈴木おさむ氏と西野のオンラインセミナーを訪れたようで、その内容を絶賛した。しかし、ファンから心配の声が寄せられると、17日に『知らない=嫌い!?』というタイトルのブログを更新して反論。このタイトルは、西野が持論としている文句で、すでにかなり傾倒しているようだ。

「メンディーはブログの中で、ファンとクレーマーを区別し、『将来の自分を支持してくれる人だけをファンと認める』、『クレーマーとは、過去の自分にとどまらせようとする人、日本の教育は金の勉強を教えない』などといったことをかなりの長文で訴えているようで、ファンがドン引きしています。このような考え方は、自己啓発セミナーで使われる典型的な常套句です」(ネットニュースサイト編集者)

関口メンディーの“西野擁護”が物議

関口の投稿に、ネット上では

《ついに西野教に入っちゃったの? マルチ商法などで何かヒドいことに巻き込まれないか心配》
《ここ最近のブログ、完全にヤバい方向に行ってるよね。内容が内容なので、周囲の人、誰か全力で止めてほしい》
《ブログの書き方が完全にオンラインビジネスとかマルチ特有の喋り方じゃん》
《ブログやばいって話題になってたから見たら、すっごい長文でまず読む気にならなかったわ。ダラダラと書き殴ってる時点で怪しすぎる》
《メンさんを心配する人たちの言葉はもう届かないんですかね…このままでは、まっとうなファンは無言で去っていくばかりだと思いますが…》

などと、阿鼻叫喚の有様だ。

メンディーは直接、西野の名前を出してはいないものの、「(西野のことを)知らないから悪くいうんだろ」という態度をあからさまに見せており、すっかり心を奪われている様子。

この先メンディーが、クラウドファンディングなど、西野が得意としている商法にハマってしまう可能性は否定できない。彼は18日のブログで、『間違えました!』というタイトルの元、発信する場所と内容について謝罪しているようだが、きっぱりと洗脳を否定しない限り、ファンの不安な気持ちは簡単には払拭されないだろう。

【あわせて読みたい】