『ネメシス』櫻井翔の“ラップ”に戦慄「チャンネル変えた」「恥ずかしい」

『ネメシス』櫻井翔の“ラップ”に戦慄! 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

4月18日、櫻井翔と広瀬すずのW主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)の第2話が放送された。この回で〝サクラップ〟が披露され、視聴者の共感性羞恥を招いてしまったようだ。

同作は、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の映画監督・入江悠が仕掛ける、完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修している。ストーリーは、栗田一秋(江口洋介)が経営する探偵事務所・ネメシスで、天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲な美神アンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真尚希(櫻井)が難事件に挑んでいくというものだ。

第2話のタイトルは『HIPHOPは涙の後に』。とあるHIP HOPクラブのメンバーが事件を起こすもので、この回では広瀬が序盤にラップを披露。そして物語の最後には櫻井もラップを披露した。櫻井といえば、『嵐』の楽曲中で歌うラップのことを〝サクラップ〟と称されているほどの実力派ラッパー。今回は物語のオチとして、事件に巻き込まれてしまった少年を勇気づける感動的なラップをしている。

「見てるこっちが恥ずかしい」

しかし、彼のアツいフローは視聴者に届かなかったようで、ネット上では

《恥ずかしくてチャンネル変えた》
《即興ソングとか即興のラップって、なんか恥ずかしくなっちゃってホントに見れない笑 コレは台本あるから即興じゃないんだろうけど》
《ネメシスで翔さんがラップしてて恥ずかしいからやめなよって思ったけど、彼は嵐でラップ担当だったねそういえばw》
《マジで見てるこっちが恥ずかしい》
《共感性羞恥がすごい》
《見てられなくてチャンネル変えちゃった》
《出演者の名誉のために今回で打ち切るべきだと思う》

など、辛辣な声が多くあがっていた。

そもそも〝サクラップ〟とは、そういうものなのかもしれない。

【あわせて読みたい】