なぜ?「もう消えろ」と言われつつ堂々のさばる芸能人たち

(C)まいじつ

インターネットやSNS上で、よく嫌われていたり、多くの批判を受けながら、テレビなどのマスメディアに出続けている芸能人は多い。

「ネット上でもよく名前が挙げられていますが、フリーアナウンサーの宮根誠司は視聴者と芸能人を問わず嫌われています。『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会では、自分の考えと違うことをコメンテーターがしゃべると、必ず話をさえぎるので不評です。それにすぐ金にまつわる話をして『いくらもろてんの?』、『なんぼや?』と探りを入れる。言葉遣いが下品です」(テレビ雑誌編集者)

宮根の金銭に関する発言は『爆笑問題』も「会うと金の話ばかりする」とラジオでも語り、毛嫌いしている。

「番組内で、コメンテーターがスポンサーの『高須クリニック』のCMを冒涜した問題でも『高須先生、ぜひイエスとおっしゃっていただきたいです』と、とても謝罪とは思えないコメントを付け加え、再び問題になりそうなのです」(同・編集者)

この宮根と同じくらい不評なのが古舘伊知郎だ。古舘は『報道ステーション』の元メインキャスターだ。

「かつて“マシンガントーク”といわれてましたが、いつまで経ってもしゃべり続ける姿勢は聞いている方がうんさりしてきます。皮肉を言うのが格好いいと思っているのか、話を正面から捉えないのも不快だととられる要素です」(スポーツ紙記者)

 

元アナウンサー以外にも有名司会者や芸能リポーターの名も

またテレビ画面で見ない日はないほどの坂上忍も、ネットでは嫌われ者だ。

「もはや和田アキ子か坂上かといわれるほどの増長しています。何に関しても上から目線で批判しか言わない。会話がちっとも面白くないことも致命的です。本当に需要があってテレビに出演しているのか不思議なくらいです」(同・記者)

タレントではないが、芸能リポーターの井上公造氏も評判は思わしくない。

「芸能人のスキャンダルに関して、イニシャルで明かすことが多いのですが、誰のことだかさっぱり分かりません。それが作り話のように聞こえます。そして、スキャンダルが明らかになってから『僕は知っていました』と後出しをする。もはや伝統芸のようです」(芸能ライター)

そして、嫌われる芸能人として名前が出てきたのが中居正広の名だ。

「『SMAP』独立騒動の際に生放送で見せた、あの悔しそうな謝罪は何だったのかというほど、いまは何もなかったように多くのテレビ番組に出続けています。ジャニーズ事務所を退所する香取慎吾にも、『頑張れよ』と他人事のように言ったそうです。『週刊新潮』が揶揄した“カメレオン”という呼称はぴったりでしょう」(同・ライター)

“憎まれっ子世に憚る”を地でいく人間ばかりだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 斉藤由貴のW不倫報道を喜んだ人たち

※ プロ野球トレード期限終了!「斎藤佑樹はもう需要なし」と関係者

※ 井上真央が1年9カ月ぶりドラマ復帰!「空白の期間」の出来事

※ 「東京タラレバ娘」SP版決定!産休中の榮倉奈々に代わるのは… 

※ 非常識ファン「コード・ブルー」ロケ地に大挙して押し寄せ大迷惑