向井理がガチ喧嘩!“激怒の理由”に拍手喝采「性格も素敵」「イケメンすぎ」

向井理

(C)まいじつ

俳優の向井理が4月17日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)にゲスト出演。自身主演のドラマでプロデューサーと言い争った過去を明かしたところ、視聴者から「男らしい」と喝采を浴びた。

向井は思い出の一品として、あまりの素晴らしさに感銘を受けたという店の寿司を紹介。店にまつわるエピソードとして、来店したきっかけが主演ドラマのプロデューサーから誘われたと話した。しかし、このプロデューサーとは撮影期間中に大揉めしてしまったそうで、その詳細も明かすことに。向井はドラマラストでスピーチし、聴衆役のエキストラが手を挙げるシーンがあったことを振り返る。

向井いわく、プロデューサーはエキストラに対し、芝居の指示を出していないにもかかわらず「何だ今の表情は」と怒り始めたそう。これ見た向井は、「役者だったらしょうがないんですけど、ちゃんと演出をすればいいだけなのに、あの言い方はないんじゃないですか。せっかく来ていただいているのに、気分を害して帰ってもらうのは僕としても不本意なんで。謝ってください」と謝罪を求めたところ、「若造のくせに何言ってんだこの野郎!」と返されたという。

性格もイケメン過ぎると大絶賛

撮影後、そのエキストラに「すいませんでした。また何か機会があったら参加していただいていいですか」とフォローを入れたと語る向井。「ぶん殴られんのかなと思った」と語ったが、プロデューサーからは「ああなっちゃったけど、お互いいいものを作ろうね」と水に流す言葉が出たそうだ。

少年漫画さながらの熱いエピソードに、ネット上では賞賛の嵐が吹き荒れる。

《向井理、ますます好きになった 顔もスタイルもタイプだし、性格も曲がったことが嫌いそうで素敵》
《イケメンすぎた 人の事をちゃんと考えられるんだなって感じた》
《そういう事言いそうな顔してる》
《好感度上がったわ(笑)》
《かっこ良すぎる。若造と呼ばれる身分でも、プロデューサーよりエキストラの心情を慮る行動が取れるのはすごいし、エキストラがその先も協力してくれるように先を見通して配慮出来るのも凄い》

など、エキストラ想いの向井が称賛されたのだった。

向井は心までイケメンのようだ。

【あわせて読みたい】