『CDTV』で“ハッピー・ジャムジャム”が話題に!「テンションぶち上げ」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

4月19日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)では、『しまじろう』シリーズの人気楽曲『ハッピー・ジャムジャム』が放送され、謎の多幸感に包まれる人が続出しているという。

今回番組では、「子どもたちに大人気のダンス曲大集合! ダンスソングメドレー」という企画を実施。今時の子どもたちに人気のダンス曲が流れる中、しまじろうと仲間たちが登場して、「ハッピー・ジャムジャム」を披露していた。

同楽曲は、1993年に放送開始したシリーズ第1作『しましまとらのしまじろう』からED曲として使われており、現在20代後半~30代の世代にとっては、ストライクゾーンど真ん中の楽曲。また曲自体も子どもが大好きなキャッチーさでありながら、決して〝子ども騙し〟ではないメロディーラインが特徴的だ。大人になってから聞くと、意外とギターソロが格好よかったり、違った魅力に気づくことだろう。

そんな「ハッピー・ジャムジャム」が「CDTV」で放送され、リアタイ世代の人々からは、

《CDTVでハッピージャムジャム流れて全力で踊った20代》
《この24時間の中で一番有意義かつ幸福度が高かった》
《お茶の間が一瞬にしてダンスホールに変貌する様子が目に浮かぶ》
《懐かしすぎて一気に25年くらいタイムスリップした気になった》
《しまじろうのハッピージャムジャム流れてテンションぶち上げ》
《ハッピージャムジャム流れたってマジ? あれガチで名曲だぞ》

といった声が。ちなみにこの日のツイッター上では、「ハッピー・ジャムジャム」がトレンド入りを果たしていた。

全年齢的に大人気な『ハッピー・ジャムジャム』

ところで「ハッピー・ジャムジャム」が最近の子どもにとっても「大人気のダンス曲」なのかという問題だが、実のところ今もなお人気だったりする。というのも幼稚園や保育園の運動会では未だに定番のダンス曲で、しまじろう自体もアニメ『しまじろうのわお!』(テレビ東京系)が放送されており、まだまだ現役だ。

また『TikTok』には、「ハッピー・ジャムジャム」の、いわゆる〝踊ってみた動画〟が投稿されており、若者世代の知名度もそこそこな模様。ちなみにYouTubeの『しまじろうチャンネル』では「ハッピー・ジャムジャム」のダンス動画が公開されているのだが、4月20日現在で3200万回を超える再生数を記録している。

つまり90年代から今に至るまでのほとんどの世代は、「ハッピー・ジャムジャム」で育ったと言っても過言ではない。どの世代にとってもある種の〝原風景〟なのだから、大人も子どもも「ハッピー・ジャムジャム」を踊ると幸せになるのだろう。…きっとそうだ。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】