『CDTV』櫻坂46にディズニーファン激怒!「下手過ぎる」「共感性羞恥すごい」

(C)Cookie Studio / Shutterstock 

4月19日の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)では、豪華アーティストによるディズニーのダンスメドレーを放送。しかし、アイドルの歌声とディズニーの楽曲は合わなかったようで、ディズニーファンを中心にネット上で批判が殺到している。

この日の番組は、「観て踊って楽しめる」をコンセプトにした「ダンスフェス3時間スペシャル」。その中で、名作ディズニー映画の映像とともに、人気のディズニーの楽曲をアーティストたちが歌い繋ぐ「ディズニー企画」が行われた。

そして今回批判が集まっているのは、アイドルグループ『櫻坂46』の小林由依と井上梨名が披露したディズニー映画『リトル・マーメイド』の劇中歌『アンダー・ザ・シー』。2人はバックに「リトル・マーメイド」の映像が流れるステージで、楽曲を歌い上げていった。

しかし声と楽曲のキーが合っていなかったのか、2人とも低音が全く出ない。他にディズニーの楽曲を披露したのが西川貴教やダイアモンド・ユカイといった実力派のアーティストだったため、悪目立ちしてしまったようだ。

歌わないほうがいい? 放送事故級の歌唱力にブーイング

小林と井上の歌唱力に対して、ネット上では、

《CDTVディズニーソングのリトルマーメイド…。なんでよりによって歌下手な子にやらせんの?》
《歌下手すぎて親にチャンネル変えられた》
《CDTVのディズニーメドレー、リトルマーメイドがひどすぎた。あの声嫌いすぎる地味に下手やし》
《アンダーザシーが下手過ぎる。ダンサーさんも気の毒…》
《今テレビつけたらCDTVでディズニー特集してたけどアンダーザシー歌ってたの下手すぎん? 聞いてられなかった…》
《CDTV、アンダーザシー歌ってる女の子めっちゃ歌下手…》
《ふたりとも好きだけど見てられなかった。誤魔化せない曲はやらせない方が良い。共感性羞恥がすごい》
《CDTVのアンダーザシー放送事故すぎ》

などと批判が殺到している。

ちなみに西川と共に『アナと雪の女王』の楽曲『とびら開けて』を披露したのは『モーニング娘。’21』の小田さくら。彼女も少しクセのある歌声ではあったが、こちらはあまり批判の声も多くはなかった。やはり他のアーティストが上手かっただけに、小林と井上は悪目立ちしてしまった感が否めない。実力がはっきりとわかってしまう楽曲は当分歌わないほうが良さそうだ。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】