『ラヴィット』日向坂46が“大人の事情”で見学に! 制作陣に批判「配慮が無い」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

4月20日の『ラヴィット!』(TBS系)では、一流の料理人が選んだ『ファミリーマート』の人気商品をランキング形式で紹介。しかし、火曜日レギュラーの『日向坂46』加藤史帆が大人の事情で参加できなかったため、ネット上で物議を醸している。

注目の場面は、ファミリーマートのプライベートブランド「お母さん食堂」の人気商品の中で、プロが認めたおいしい惣菜を当てるといった企画でのこと。MCを務める『麒麟』川島明が「みなさんにはファミリーマートのお惣菜1位を予想していただきましょう」と前置きをすると、出演者たちはそれぞれ自身の予想をパネルに記入していく。

出演者が自身の予想を記入したパネルを見せる中、加藤は「大人の事情で見学です!」と書いたパネルを見せる。川島が「え~ちょっと、かとしさん。大人の事情で見学ですということなんですけども」と話を振ると、加藤は「そうなんです。しぃ~」と人差し指を口元に持っていった。

「『日向坂46』は2019年にローソンのプライベートブランド『FROZEN PARTY』の商品のアンバサダーに就任したり、ローソン関係のイベントによく出ています。ローソンのキャンペーンキャラクターを務めることも多いため、NGが出たのでしょう」(芸能ライター)

他の出演者たちがランキングの結果にリアクションしたり、商品の味見をしている間、加藤は大人の事情で言葉も発せない。しかし番組を盛り上げるため、懸命に表情だけでリアクションをとってみせるのだった。

『ラヴィット』の制作陣は無能? 頻発する大人の事情

健気にリアクションする加藤の姿を見て、視聴者は心が痛んだのか、

《ローソン的な都合により、ファミマのランキング当ては不参加ですか。ひどいね》
《大人の事情だとクイズ答えられないのはしょうがないけど、食べるのは許してあげてほしいなぁ。ちょっとかわいそう》
《大人の事情かわいそう。大人ひどいね》
《喋れないからせめてもの負け顔。かとしなりに番組盛り上げようと必死なのがよく伝わってくる。若い子にそんな気遣いさせないでよ… 大人の事情で出演者の良さを抑えつけていいものなのか疑問》
《レギュラーなんだから事前に把握できる訳だし、大人の事情でも出演者に代弁させずに企画の交通整理するのが制作の仕事のはず。EXITに続きこんな場面多いと出演者への配慮が無いチームだと思わざるを得ないから不安…》

などと番組に対して批判が殺到している。

余談だが、同番組では4月9日の放送でもお笑いコンビ『EXIT』が大人の事情で席を外す一幕が。こうも頻繁に大人の事情が見られるのは『ラヴィット!』だけだろう。ハプニングや放送事故が好きな人は同番組をチェックしてみてはいかがだろうか…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】