志村けんさんに小声で感謝… 『千鳥』大悟の“一言”に感動「沁みるなあ」

大悟 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

4月20日放送の『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)で、『千鳥』の大悟が志村けんさんへの感謝の言葉を口にし、視聴者から大きな反響が寄せられている。

『博多華丸・大吉』の2人と大悟、ゆりやんレトリィバァらが大喜利に挑戦。ボディビルダーや将棋好きの子どもらがジャッジし、笑わせた人数の多さを競った。

マナー講師5人が審査員となった最終ステージで、「往年のギャグをマナーよくアレンジしてください」とのお題が出た。それまで講師を1人も笑わせることができなかった大悟だが、あごをすぼめながら「アイーン」と志村さんのギャグをおしとやかにつぶやき、フリップには「愛印(アイーン)」と書いてみせた。

「助かりました師匠」とぼそり

すると、真顔を貫いていた講師たちは口元にやや笑みを浮かべ、2人は拍手をして大悟を称える。結局5人中4人が笑ったと判定された。

それまで大悟のギャグに険しい表情を浮かべていた講師が、態度を一転させたことを大悟は喜び、「ありがとうございます。心を入れ替えました。先ほどはすいませんでした」とコメント。フリップの文字を消しながらぼそりと「助かりました、師匠」とつぶやいたところで大喜利は終了した。

一言ではあったが、大悟が突然「師匠」に言及したことに視聴者はざわついた。

《大悟の「助かりました、師匠」と小声で志村けんに感謝したのが、なんか良かった》
《志村けんとの関係をしっかりお笑いに使ってるの素晴らしいぜ大悟》
《志村さんギャグや話を頻繁に番組で出す大悟さん好き》
《大悟の志村けんギャグは沁みるなあ》
《志村師匠のギャグを…大悟ナイスッ》
《往年のギャグのお題で志村けんさんのアイーンは大悟さんの為に誰も使わなかったっていう勝手な推測》

不意打ちで感動した人が多かったようだ。

【あわせて読みたい】