『CDTV』AKB48の“生歌”にツッコミ殺到「違和感すごい」「放送事故」

小栗有以 

(C)まいじつ 

4月19日放送の『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS系)に、大人気アイドルグループ『AKB48』が出演。一部のフレーズのみ〝生歌〟を披露したようだが、そのクオリティーに視聴者からツッコミの声が殺到している。

この日の放送はダンスをテーマに、さまざまなカテゴリに分かれたダンスミュージックをアーティストたちが披露することに。また〝ダンスソングランキング〟も発表され、「AKB48」は第11位にランクインした『恋するフォーチュンクッキー』を、『サンリオピューロランド』の特設ステージからパフォーマンスをしていく。

かわいいキャラクターも登場し、その中で踊っても全くブレない歌声を披露するメンバーたち。しかしサビの前の「占ってよ」というパートだけが、何故か音程の外れた〝震えた裏声〟で歌われていた。

一部だけ生歌にこだわる謎のグループ

あまりにも前後の歌声とかけ離れた「占ってよ」パートに、視聴者たちも驚きを隠せなかったようで、ネット上には、

《『占ってよ』部分の下手具合が震えるくらいヤバい》
《中途半端な生歌にするなよ。他は全部音源で『占ってよ』だけ生で違和感凄かったぞ》
《占ってよの部分だけ生歌にしたせいでガタガタやったな…》
《占ってよだけ生歌だから口パクなのバレバレになっちゃったね。そこも音源流せばよかったのに》
《占ってよの部分だけくっそ下手すぎて放送事故レベル》
《今のAKBの子の『占ってよ』が下手くそすぎて吹いた なんであそこだけ生歌やねん》

など、口パクから生歌に切り替えたせいだとの指摘が相次いでいる。

「同楽曲は元『HKT48』の指原莉乃がセンターを務めた楽曲で、『占ってよ』パートは彼女のソロ部分です。このソロパートですが、指原は昨年11月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて『7年くらいずーっと歌ってるんですけど、1回も上手に占えたことない』と難しさを語っていたことがありました。長年歌っている指原ですら難しいパートのため、他のメンバーが突然歌ったところで上手くはならないのかもしれませんね」(芸能ライター)

ちなみに「占ってよ」パートを歌っていたのは、〝ゆいゆい〟の愛称で知られる小栗有以というメンバー。地上波での大舞台ということもあり、緊張から声が震えてしまったのだろうか。

【あわせて読みたい】