『着飾る恋』横浜流星の“激変ぶり”に驚き「顔違う」「こんな声だっけ?」

横浜流星

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月20日より、川口春奈が主演の新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)がスタート。共演者の横浜流星の変貌ぶりに、ネット上では戸惑う声が相次いでいる。

同作の主人公〝着飾る女〟真柴くるみ(川口)は、インテリアメーカーの広報として働き、SNSは10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサー。密かに想いを寄せる社長・葉山祥吾(向井理)のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々を送っている。

そんなある日、ひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。そこには、超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(横浜)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)が暮らしていた…。

第1話では、真柴と藤野の出会いが描かれた。仕事熱心で常に気を張っている真柴と違って、藤野はのんびりとマイペース。キッチンカーの店主をしており、純利益が10万円稼げれば営業しないというポリシーだ。せかせかする真柴に対して、「真柴さんみたいにオンもオフもなし。人の顔色うかがってばかりっていうのが一番理解できない」と厳しく指摘するなど、2人が衝突する場面もあった。

横浜流星が別人レベルに変化

視聴者の間で話題になったのは、藤野を演じていた横浜の姿。ネット上では

《横浜流星が思ってたんと違った》
《最近顔変わったよね。痩せたのかな》
《横浜流星こんな声だっけ?》
《横浜流星ってこんな声高かった? 役作りで高くしてるの?》
《こんな顔だったっけ。髪型のせいか?》

など、顔も声も違うとの指摘が相次いでいる。

「横浜は今まで、クールで暗い役を演じることが多くありました。今回は、何やら事情がありそうなものの、今のところ明るいキャラなので、そのせいで別人のように見えてしまうのでしょう。役作りが大成功していると言えるかもしれません」(芸能記者)

横浜の新境地となりそうなドラマだけに、本人も気合が入っていることだろう。

【あわせて読みたい】