松たか子『まめ夫』が爆死中! 低視聴率の原因はやっぱり…

松たか子

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月20日、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の第2話が放送された。視聴率と評価がちぐはぐになっているようだ。

大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社『しろくまハウジング』の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)はとわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。

2017年に大ヒットしたドラマ『カルテット』(TBS系)でコンビを組んだ松たか子&脚本家・坂元裕二氏という組み合わせだったが、初回世帯平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。そして第2話はさらに落として6.7%。爆死と言えるほどの数字になっている。

そもそも『カルテット』も低視聴率だった

しかし視聴者からの評価は

《すごく面白いです! 会話が絶妙》
《世の中の人がセンスがないんだよ。ドラマめちゃくちゃ面白いよ》
《私はとても面白いです。火曜夜の楽しみが増えて、喜んでます》
《今回も面白かった!! ホント笑いながら見られるドラマって良いなって思う》

など絶賛が多い。一体どうなっているのだろうか…。

「そもそも坂元氏の作品は、クセが強くて好みがハッキリと分かれるため、視聴率をとりにくい。高橋一生と吉岡里帆が大ブレークするきっかけになった『カルテット』も、実は全話平均で8.9%。一度しか二桁に乗せていません。ただその一方で、ドラマ賞などは総なめと言わんばかりに受賞。2017年のコンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞では、『カルテット』が最多の5部門を受賞しています。業界や玄人ウケするのでしょう」(芸能記者)

とはいえ、大衆にウケる作品が正義とされるテレビ業界。この視聴率では、失敗と言われても仕方ないだろう。

【あわせて読みたい】